もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
パンマット

綿を栽培する時に、使用される農薬や化学肥料の量は膨大で、全世界の農薬使用量の約25%にも及ぶそうです。
びっくりするくらいの量です。
オーガニックコットンとは、農薬や化学肥料を使わないで栽培されたコットンのことです。
たとえば、服を買うとき、布を買うとき、オーガニックコットンを選ぶとすると、世界中の農地にまかれる農薬の量を少しでも減らす事につながります。
小さいようで大きな選択。

このパンマットはオーガニックコットンで織られた布を使用して作られています。
布に加工する際にも、漂白剤、柔軟材、染料などの化学物質は一切使用されていません。
とっても柔らかく、少し頼りないかな・・・と思うくらいの厚さでしたが、パンがくっつくこともなく、使い心地は上々!
これからパンマットを買おう・・・と思われる方には、ぜひぜひおすすめしたいです。

参考までに、わたしが買ったお店です。→
スポンサーサイト
道具


パンを焼き終わってから。
作業台を磨いて、布巾を広げて使った道具を乾かして干す。
あぁきょうも無事に終わったな。。。
ほっとするひと時。

お菓子やパンを作るときの小道具たち。

定規はクロワッサンに。
丸いふたはアップルパイに。
ネパールで買ったインド製のアルミのお弁当箱のふたなんだけど、
アップルパイの型にちょうどピッタリなんです。

網のお玉はベーグルを茹でる時用。
木の麺棒はこれもネパールで買った年季が入ったもの。
ネパールでは、これでチャパティーやモモ(シェルパ族の作る餃子)の皮などを作ってました。

新入りの道具もあります。
チーズおろしは最近買ったもの。
それまでは大根おろし用のおろし金で代用してた。
それはそれで何の不便も無かったけど、チーズ用のおろしがねくらい買うべ・・・って思って購入。
大根用おろしがねでは、チーズに申し訳ないし。。。
出来上がる粉チーズもきっと大差ないのでしょうが、気分的な問題ですね。
・・・今わたしはイタリア産のパルミジャーノを摩り下ろしてるのよ・・・うふっをほぉ・・・
みたいな?


きっともっと便利な道具があるのだろうけど、なけりゃ無いで済んでいく。
こんなちまちました道具で毎日作ってたりします。。。



シャワーキャップ

パンを焼くときだけではないですが、使い捨てはなるべく避けたい・・・と思っています。

パンやお菓子を焼かれる方なら、すでにされてるかもしれませんが、使い捨てをしないための工夫を2つ紹介します。

パンを発酵させるときは・・・・シャワーキャップが便利です。
パン生地が乾燥しないように、濡れタオルをかけたり、ラップをしたりしますが、シャワーキャップだとピッチリと簡単にかぶせられて、何度も使えます。
かなりおすすめでございます!

我が家では、おかずが残った時もラップではなくシャワーキャップ。
シャワーキャップは頭に使うものではなく、ボールやお皿に使うものになってます。


オーブンシート

もうひとつは、クッキングシート。
これこそ、皆さん使ってらっしゃると思いますが、一応紹介。

いろいろなシートが出てますが、最近買ったのは、フランス・マトファー社のもの。 
グラスファイバー(ガラスの繊維)をテフロン加工してあるので、パン生地を直接のせて焼いても大丈夫です。
砂糖やバターなどのこびりつきも、布巾などで拭けばすぐに落ちます。

長いので天板の大きさに合わせてカットして使います。
わたしは4つ分にカットできました。
値段は1050円ですが、これで1年くらい酷使できるので、すぐに元はとれます。
クッキンペーパーを毎回使い捨てにするよりもはるかにお得です!

いろんなお店で買えると思いますが、先日はここで買いました。
お菓子の材料の店クオカ



SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。