もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
クルトン
今回のパンセットにも入れているのですが、
硬くなったパンでもおいしくなるので、クルトンはおすすめです。
スープにも味噌汁にも!?
サラダのアクセントにも使えます。
食べ残しのパンがあったら、ぜひ作ってみてください。

パンはできるだけ小さく切ったほうが早くカリッとなります。
硬いパンのほうが切りやすいですね。

天板に切ったパンを並べて、
油を少しかけ、ハーブソルトを振って、150度くらいの低温で15分くらい焼きます。
途中で油とハーブソルトが絡むようにかき混ぜます。

油は何でもいいのですが、
パンセットのクルトンに使っているのは「インカインチヴァージンオイル」です。
アマゾンが原産の星の形をしたグリーンナッツと呼ばれるナッツから絞ったヴァージンオイルは、
オメガ3とビタミンEが豊富に含まれています。

油って、ほんとにいろいろありますが、
オメガ3を含む油はとっても少ないです。
フラックスオイル、えごま油・・・などもオメガ3オイルですが、加熱に弱いのが難点。
そしてサラダにかけて食べたりすると、少しクセがあるんです。
そのクセがおいしいという人はいいのですが。。。

このグリーンナッツのオイルは加熱しても大丈夫なうえ、
嫌な香りがなくて、生野菜にかけて食べると、とっても美味です。

・・・と、油の宣伝のように書いてしまいました。
最近気に入ってるのと、クルトンに使用してるのもあり、つい。。
オメガ3に興味があれば、いちどお試しを。

もちろんクルトンには、菜種でもオリーブでも・・・
お家にあるいろんな油でやってみてください。
油は天板一枚につき、大さじ1もあれば充分です。





スポンサーサイト
1
友人家族と一緒に新年会。

大人7人、こども9人が集まって持ち寄りパーティー。
久しぶりに会う人とおいしいものを食べて飲んで笑って・・・
一年のスタートに笑いあえるのはうれしいです。

山食パンとバゲットのサンドイッチを持っていきました。

カッテージチーズ+アップルジェリー
ゆで卵のマヨネーズ和え+ブロッコリーの芽
ツナとゆでた白いんげん豆のペースト+千切りにんじん
栗のクリーム
かぼちゃゴマペースト+くるみ

一番人気は栗クリームでした。
秋に山で拾ったものを冷凍しておいたもの。
今年も拾おう。。

2
ワイルドストロベリー

少し硬くなったカンパーニュがあったので、
小さなさいころに切って、
フライパンで乾煎り。
ハーブソルトを振って、オリーブオイルを少したらして・・・
レタスの上にトッピング。
サラダが少しだけよそいきになったかな。。

畑には明日採れそうなイチゴが5粒ほどあります。
明日の朝が楽しみ。。


氷

今朝はとても寒い朝でした。
あたりは霜で真っ白。
水溜りはバリバリに氷ってました。
でも太陽が昇ると一気に解けて、霜はきれいな虹色の水滴になって輝きます。

いろんなことのあった一日。
サンキャッチャーが部屋中に作る虹の光を見ながら朝ごはんを食べ、
うち中の窓ガラスを磨き、残っていた網戸を洗って片付けました。(ようやく!?)

山へ

昼過ぎにすてきな贈り物が届き、幸せになり・・・
幸せ気分のまま、子どもと山にストーブの焚き付け用の焚き木を拾いに。
大袋にいっぱい拾ってから、今度はモミの樹を探しに再び裏山へ。
手ごろなモミの樹があったら、スコップで掘り起こしてこよう♪と張り切っていったけど、
手ごろなのは見つからず。
また今度だな。。

焚き火パン

ちょっと寒くなった夕方、庭で焚き火して棒パン。
パン生地をバターを塗った長めの棒に巻きつけ、
焚き火でワイルドに焼きます。
ほとんど焦げパン!?なのですが。。
子どもらはおいしいおいしい!!と満足そうでした。
ピクルスバター

「刻んだピクルスと発酵バターをパンにぬったらおいしかったよ!」
友人が教えてくれたのでさっそくやってみました。

発酵バターは無かったので、いつも使ってるよつばバターで。
夏に作ったきゅうりとズッキーニのピクルスを細かく切ってバターに混ぜる。

ピクルスバター、とってもおいしい!!
しばらくはまりそうです・・・
ぜひお試しください。。
バターの代わりにクリームチーズなどでも美味しそうです。

お弁当

こちらは息子のお弁当。
いつもはご飯だけど、本日はパンのお弁当。
秋のパンセットの中の、豆乳食パンとかぼちゃのマフィンを使いました。

ラスク

少し固くなったパンで作るラスク。
パンは出来るだけ薄く切ります。
バターをとかして、甜菜糖としょうが汁を混ぜます。
しょうがの代わりにシナモンでも美味しいです。
パンに塗って、150度のオーブンで15分くらい、焼き色を見ながら焼きます。
あっという間に出来る簡単ラスクです。
天然酵母の固めのパンでつくるので、サクサクというよりカリカリな歯ごたえ。

雪

朝から雪。
今も降ってます。
時折屋根に積もった雪が、ドドーーっとすごい音を立てて落ちていきます。
道路にも積もりそう。。
今朝がんばって冬タイヤに替えておいてよかった~
玄米キッシュ

Asaさんから教えてもらった、ケチャップレシピ。
とっても独特で、トマトの皮を湯剥きではなく、網焼きするのです。
トマトは陰性の野菜だから、より陽性に傾けるために、水ではなく火をつかうのかしら・・・
と、勝手にマクロ的に解釈して、1・5㎏のトマトをじゅわじゅわと焼きました。

でも結局レシピは大幅アレンジしてしまい、ケチャップもどきが完成!
さっそくキッシュを作りました。
生地にはアップルパイと同じく、菜種油と粉のあっさりタイプを使用。
空焼きしてから、ケチャップをからめた玄米を詰めます。
その上に茹でたインゲン、にんじん、レンコンを並べ、チーズをたっぷりのせて焼きました。
粉に玄米にチーズ・・・
かなりのボリュームある一品です。
お弁当に一切れ入れてもいいかも。。

クルトン

自家製酵母のパンが余った時は、クルトンを作ります。
さいの目に切って、天板にならべてスプレー式のオイルをまぶします。
ハーブ入りソルトをパラパラと。

170度くらいのオーブンで焼き加減を見ながら10分ほどコンガリ色になるまで焼きます。

今日のスープは、雑穀とコーンのスープ。
お鍋でみじん切りの玉ねぎを炒めたら、キビや粟などのお好みの雑穀と水を入れて煮込みます。
クリーム状のコーンを入れて、塩やスパイスなどで味をつけます。
雑穀を入れると自然なとろみがついていいですよ。

スープで少しふやけたクルトン。
これがあるのと無いのと・・・
かなりスープの印象が変わってくる気がします。

クルトンの役目って小さいようにみえて大きいのです。


SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。