もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
IMGP4588 (400x266)



咲くのは3月ごろだろうと思っていたのに、
もう咲き始めました。

ヒヤシンスの花の香りがこんなに素晴らしいとは!!
小さな花がたくさん集まっているからなのか、とても濃い香りです。
近くに行くのが楽しくなります。

花の無い雪の山に囲まれた家だから、余計に美しさを感じるのかな。。

今度は2こと言わず、30こくらいを贅沢に水栽培したらどうだろう・・・
ガラスのカップでは無理だからバケツで・・・

なんて想っています。


IMGP4597 (300x199)


天然酵母のパンはじっくり焼いて温めなおすと生き返ります。

我が家では冬場は、薪ストーブの上にフライパンを置いて、ふたをしてじんわり焼くのが好きです。
ストーブのオーブンスペースに、
アルミホイルでくるんだパンを入れてほかほかになるまで焼く時も。。
急いでいるとき、ピザトーストなどの時は、
ガスオーブンの天板に並べて高温で焼きます。

コンロの火にフライパンを乗せ、パンを入れてふたをして弱火で焼いたり、
オーブントースターで普通に温めてくださっても。。。

今日も氷点下のお天気。
こんな日に運ばれていくパンたちは、
お手元に届くころには氷のように冷えていると思います。。。
お手数ですが、あたためて生き返らせてあげてくださいね。









スポンサーサイト
パン

台風が去ってから、秋のように涼しいです。

朝のラジオ体操も長袖で出かけています。

暑かったときはさぼっていた畑仕事も、
涼しいとやる気が出るというもの。。。

で、張り切って草取りをしていたのですが、
畑の横の大きな石をよけたら、マムシが!!!

あわてて石を元通りにかぶせて家に入りました。。。汗


それ以来、畑仕事をまたさぼってます。。。。


+++++

上の写真のチーズベーグル。

おなかすいた・・・・と、ぺろりと平らげてた14歳女子。
ひとつでもかなりのボリュームがあるのですけど。。
若いっていいな。。




あさ 木

朝

雪、 晴れ、 雨、 雪・・・・

日替わりで冬と春が遊びに来ているような、
でもやっぱりストーブが欠かせないこの頃です。

今朝は、雪でした。
結晶がはっきり見える、ふわふわの雪で、
木は白い花が咲いたみたいにきれいでした。

午前中の太陽で白い花はあっという間に消え、
午後には青い空。

昼

青い色には、
やっぱり希望を感じます。

ペンキの青色ではなく、
空の青色に。

くるくる
くるくるパンなので、
丸太のお皿に・・・
というより、このお皿が好きなので(チェンソーの歯跡がキュートなので。。笑)
つい撮影に使ってしまいます。
新芽
3月になりました。

2月の終わりには、
雨が降ったり春のような暖かい日差しにびっくりしたり・・・
そしてまた雪が降って、霜が降りて・・・

めまぐるしいお天気に、
三寒四温という言葉が、すばらしくよくできてるし。。と思い、
昨日は頭の中に「サン・カン・シオーーン・・」の鐘が鳴り響いてました。

寒いのが3つで温かいのが4つ。
本当にそんな感じに春が近くなってる山です。

桃
まだ花芽は固いのですが、
枝の色が赤くなってきてる気がする桃の木。
水面下(雪面下?)では、
植物たちが春を待ち構えて、エネルギーをいっぱい蓄えてる気がします。。


+++
先週お届けがすべて終わった、早春のパンセット。
今回もたくさんの方に食べていただきました。
ありがとうございました!!

3月の中ごろから4月にかけて作るパンセット、
はるのもりのパンセット(?仮称)は、3月10日ころまたご案内できたら・・・と思ってます。
どうぞよろしくお願いします。。

いちごぱん
庭のイチゴが採れたら、やってみよう・・・と思っていた組み合わせ♪
6月まで待てなかったので、お店で買ってきたイチゴで。。

「ニューヨークの恋人」の中にあった朝食シーン。
19世紀からやってきた公爵のヒュージャックマンが、
朝食に作ってたメニューが、これでした。(恋人メグライアンのために!)

イギリス食パンに、クリームチーズにいちご。
あの映画、すべてが、とってもい~い感じなんだけど、
とりあえず真似できるのはこのパンかな・・・笑

見た目もかわいいけど、
この組み合わせすごくおいしい。
ジャムのイチゴよりおいしい気がしました!

ヒュージャックマンは馬が似合いますね~
あの白馬のシーンでときめく女性いっぱいいるだろうな。。。
「ジャングルジョージ」のブレンダンフレイザーが馬を操るところ
(彼はライオンやゾウまでだったが。。)も、
都会のお姉さまたちを魅了していたが。。。
やはりかっこいい男+馬の組み合わせは、究極かな。笑




パン パン

11月のパンセット、いっぱいお申し込みありがとうございました。
追記のために毎日ブログを覗いてくださった・・というかたもあったり、
ほんとうにありがたいな・・・と思ってます。

11月のずいぶん寒くなった空気の中、
酵母の調子をみながら焼いてます。
酵母のパンを焼くということは、静かだけどとても存在感のあるものを育ててるような感覚。
いつも大丈夫かな?と気にかけてます。

気温が低いとなかなか発酵が進まず、
大丈夫だろうか?今日のパンはうまく焼けるだろうか?
どきどきしますが、時間をかければちゃんといつもどおり膨らんでくれます。
もうお互いのくせや状態がわかって、理解しあっていて、
裏切りもしない、信頼関係にあるもの。
冷蔵庫のパンの酵母は、そんな大事な存在です。


パンナイフ
今日は、「お花と雑貨の蚤の市」のためのパンをいろいろ焼いていました。
ココアの二食パンをスライスして袋に詰めていたら、
保育園のランチを用意する、パンおばさんのような気分になって、
すごくうきうきしてしまいました。
まわりの原っぱに30人くらいの小さな子たちが思い思いに遊んでいて、
お昼にはみんなで好きな場所で食べたら楽しいだろうな・・・なんて。。

いつもは焼いたパンが冷めたら、さっさと袋に詰めて送ってしまうので、
自分のパンを写真に残すことはあまりないのです。
なので、パンのブログなのにパンの写真がない・・・と、言われたりします。
パンの写真があった・・・と思ったら、ほかの人の焼いたパンだった・・とか。笑

でも今日は、撮らねば!!という気分になって、庭に出てムスカリまで摘んで撮影♪
しばしの間、小さな子どもたちと野原でパンを食べる空想ごっこにひたりました。

桜はまだ咲かないのですが、
庭では少しずつお花も開花しています。

緑の草の中で、毎日少しずつ開花していく花。
花がくれるエネルギーって、とっても大きいです。


 
ライ麦パン
ライ麦100パーセントのパンのオーダーを受け、
焼いてみました。

今まで作ったことのあるライ麦パンは、せいぜい50パーセント。
酵母はいつも使っているレーズン酵母でした。

100パーセントにするには、酵母もドイツ式にライ麦で起こさないとだめなのですね。。

ライ麦の全粒粉に水を加え、次の日その種の一部にまたライ麦全粒粉と水を足して・・・
と、一週間くらいかけてザワータイクと呼ばれる酵母種を作りました。

依頼されたパンは、特別な食事療法のための、オーガニックのライ麦100パーセント。
塩なしのパン。

出来上がったパンはほとんど発酵してませんが、なんとかパンの形にはなりました。

恐れていた味なのですが、
塩が無いのはわたしには少しもの足りず、有塩バターを塗って。
結果・・・
すごくこの味に、はまってしまいました。。
重さがくせになる・・といいましょうか?
無くなると、さびしくなるのです。

ライ麦パン
酵母がちゃんと正しく出来上がってるのか、不安ですが、
練習もかねてちょくちょくライ麦100%パンを焼いてます。
自分用には塩を入れ、ついでにキャラウェイやくるみも入れて。

これは食パン型に入れ、ふたをして焼いたので、
しっとりしてます。

ライ麦にキャラウェイ。
これはほんとにすごい組み合わせだと思います。
個性の強いふたりなのに、
どうしてこんなにぴったり合うのだろう・・・?
しみじみ思いながら食べてます。

蕎麦にわさび。
玄米ごはんに胡麻塩。
これに匹敵する組み合わせ?

ちなみに・・・
キャラウェイは惚れ薬にも使われるスパイスだそうですよ。
効果はあるのでしょうか!?





ライ麦パン
昨年のうちから送っていただいていた、デンマークのライ麦粉。
パンになりました。
週末の「パウゼな午後」と「ヒュゲの夕べ」
ほっこりとした、和みのテーブルの脇役として、並べていただき、
召し上がっていただけたようです。。
ありがとうございました。。
すてきな午後の様子はこちらにも、たくさんの写真とともに。

朝ごはん
わたしにとっても、デンマークのライ麦粉で焼くパンは、
初めての味。
少し分けていただき、食べてみました。
酵母と塩と粉だけで作ったパンだから、粉の味がよくわかります。
少しねっとりした食感で、ライ麦独特の草原系の香り。
畑でゆれてる背の高い穂や、粉やさんで粗めに挽かれてるところなど、
ついつい想像してしまいました。
この粗めの挽きの粉なら、ざっくりしたクロワッサンがあうかな・・・と思い、
少しだけ焼いてみたライ麦クロワッサン。
クロワッサンをライ麦で・・・というのも、いいかもしれません。

オレンジ味のクリームチーズを真似て、
水切りしたヨーグルトに夏みかんのマーマレードを混ぜてみました。
クリームチーズのコクはないけれど、あっさりして食べやすいディップでした。


シュトーレン
冬のパンセットの発送、今日から始めました。
とっても楽しく焼かせていただきました♪
ありがとうございます!

シュトーレンのレシピは例年通りですが、
今年は上に降りかける粉砂糖を真っ白のものでなく甜菜糖にしました。

本場のシュトーレンはバターも砂糖もたっぷりの贅沢な焼き菓子のようですが、
これは・・・
赤ずきんちゃんが森に住むおばあさんに持っていくような素朴なお菓子パン・・・
のようなイメージかな。。。
本当はかごにりんごやワインも入れて、森でつんだお花も添えて直接お届けしたいのですが。。
宅配便のお兄さんから受け取ってくださいね・・・
箱の中に愛はいっぱい詰めましたから~♪




二食パン
ココア生地とプレーン生地をいっしょに食パン型に入れて焼くぱん。
味も見た目もかわいくて、最近よく焼いてます。

パンにつける名前って難しい。
しゃれた名前がなかなか思いつかないのです。
このパンもお店にもっていく直前まで迷ってたけど・・・
結局とりあえずの名前で「二食パン」
なんてありきたりな・・・・・センス無しな名前!?
でも名前ってすぐに馴染んでしまうのですね?
そのうちもっとぴったりな名前をかんがえてあげよう・・・とおもいつつ、
いまだに二食パン。。。笑



SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。