FC2ブログ

もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

カッティングボード

パンを切るためのまな板をずっと探していました。
周りにいる木工関係者の方にそれとなく話しておいたら、
しばらくして3人の方が持ってきてくださいました。

森林組合に勤めるご近所の方が持ってきてくれたのは、朴の木の立派なもの。
でもそれは・・・・
厚さ4センチ、幅50センチ、長さ1メートル以上!!
それはパンを切る・・・というより、マグロを解体できるのでは・・?
というくらいのダイナミックな大きさ。
もしくは蕎麦屋の看板にでもなりそうな味のある一枚板でした。
パンを切るまな板には、もったいないです。

友人の大工さんが持ってきてくれたものは、
木の耳の部分を残したかなりおしゃれな感じのまな板。
さすがわたしの好みをよくご存知。。。としばらく使ってました。

少し後に、家具作家のイフジさんが、使ってみてください・・・
と、持ってきてくださったものが、これです。
う~む。。。
センスのよい方が作ると、まな板もこうなるんだね・・・
かっこいいです。。。
色の違う材を組み合わせてあり、そのコントラストがそのままデザインになってます。
真ん中に数字が刻まれてます。
これは、03。 
ほかにチーズを切るのにちょうどいい大きさの02。
レモンをきるのにピッタリの01があります。

これ、いただいてからすでに2年以上使って、
無数の傷がついていますが、それがまた味になっていい感じです。
きっとこれからますます古くなって味が出てくるのでしょう。


イフジさんのまな板、今発売中の「Come home!」という雑誌に載ってます。
10月の「工房からの風」にも参加が決定!
イフジさんのHPはこちらです。





スポンサーサイト



SKIN:Babyish-