FC2ブログ

もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

パンやのクルトンさん

大道芸しながら旅をする・・・
そんなのに憧れる。
外国の知らない町の広場の片隅で、オカリナを吹いて、わずかなチップをもらい、また次の町へ。
土を耕す、地に足をつけた暮らしが結局は行き着くところなのだ・・・とはわかってるけど、
そんな大道芸人のような放浪生活にも密かに憧れてしまうのは、わたしがかなりの自由人だからか。
オカリナ吹けないし、口から火だって吹けないけど、こんな手もある!
と思わせてくれるのが、この本。

「パンやのクルトンさん」(福音館書店 宮島千夏さく)
クルトンさんは、移動パン屋さん。
パンでできた帽子に靴、バナナ柄のエプロン。
かなりのインパクトあるキャラ。
リヤカーのような車に、粉と小さな窯(足付き!)を積んで、いろんな町に行き、広場でパンを焼く。
においにつられてお客さんが集まってきて、あっという間に完売!
絵本の中では、クルトンさんは、山に行って、巣のない鳥たちのために、パンの巣を焼いてあげる。服の無いキツネたちにもパンの服を焼く。
冬眠したくても寒くて寝れないくまのために、パンの布団を焼く。
そして、また次の町へ・・・

わたしが子供の頃、「ロバのパンや」っていうのがやってきた。
不思議な音楽を鳴らしながら、蒸しパンを売ってた。
でもあれは、何処かのお店で作ったパンを移動で売ってたのだな。

クルトンさんがすごいのは、その場でこねて焼いて売るところ。
かなり魔法っぽいけど。

いつかクルトンさんに近いことやってみたい。
酵母を持って旅をする。
気に入った町や村に着いたら、その土地の粉でパン生地をこねる。
何処かの窯で焼かせてもらい、みんなに食べてもらう。
これなら可能かな・・・なんて、想像する。
酵母の入ったビンを抱えて、ふらふら旅する自分を思い浮かべる。
クルトンさん以上に強烈キャラだったりする・・・笑


スポンサーサイト



SKIN:Babyish-