もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
洋梨ジャム

ふくわらびさんの洋ナシ、熟していい香りがしてきたのでジャムにしました。
洋ナシは、収穫してから追熟させるのが肝心。
形も色もかわいらしいから、部屋の中に飾っておくのが楽しい。
そのまま食べても、みずみずしくないし、飛び切り美味しいとは思わないけど、
ジャムにすると上品な香りと舌触り。
素敵な果物だ・・・と思います。
いい香りと味を瓶に閉じこめて、長い冬のお楽しみにしましょう♪

++++++++

Asakoさんに貸してもらった「リトルフォレスト」を読んでから、五十嵐大介さんの作品に興味津々。
「魔女」もよかったです。。
ここで簡単に感想を書いてしまうのももったいないので
ほんの少しだけ、森に関することだけ。

「世界中が森になればいいのに・・・」ある日友人が言って、
その言葉ってとってもキザだよ・・・と思いつつ、
わたしも森みたいな庭がほしいと思ったから
「もりのにわ」にしたのだけれど。
「魔女」のなかにもこんな言葉が出てきたのでした。

 「森」はそこにはえている木のことではなくて、
 そこにある全ての命、光や時間がかたちづくるものでしょう。
 そこにいる事に気づいたときから、
 誰だってその森の一部になる。

「もり」は木がたくさん生えている場所ではなく、
土も水もたくさんの命も・・・全部含めた空間のことなんだ。。

五十嵐さんの「魔女」には伝言者、呪術師・・・いろんな魔女がてくるけれど、
山でヤギや羊と暮らすミラとアリシアという魔女の話がいちばん響きました。
正しい言葉(哲学ともいう?)がそこらじゅうに散らばっていて、
こんな言葉を並べる五十嵐さんって何者?って強く思う!!
数年間実際に山で暮らしていたそうで、その経験から生まれた言葉なのだろうけど。

 いちども空を見たことがない人が
 「晴れた空は青い」と言ったら、
 言葉は間違っていなくても
 それはウソなんだわ。

アリシアが自分が何で出来ているのかわかっていない者たちに言った言葉。
彼らは言葉を自分たちの都合のいいように世界を切り刻む道具として使う。

わたしも軽々しいわかったような言葉は吐きたくないです。
実体験からでてくる言葉こそ、生きてる言葉だな・・・と思うから。
「世界中が森に・・・」という友の言葉も、山を歩き、炭を焼き、いろんな体験をした上で出たものだったから、素直に聞けたのだ・・・と思い返してます。
そして「もりのにわ」の5文字にも、自分のからだで確かめたいろんなことがらを注入していきたい・・・と思いました。

魔女 2 (2) 魔女 2 (2)
五十嵐 大介 (2005/01/28)
小学館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
クロワッサン

先程無事に千葉から帰ってきました。
工房からの風では、たくさんの方とお会いできました。
今もどきどきしてます。。。

前日、パンを焼きながら、きっと今がわたしの今まで生きてた中のクライマックスかもね・・・
そんな気がしてました。大げさだけどね。。笑
でも、いままでやってきたいろんなことがこの「時」に繋がってる・・・そんな気分でした。
だからいままでの経験すべてを今回のパンに生かしたいと思いました。
心を込めて焼ける量は限界があって、その焼けるだけを焼きました。
作ってる時・・・それは素敵な満ちた時間でした。

工房からの風。
10時の始まりの前からパンを買うことが目的で、来てくださっている方がいて、
本当にびっくりしました。
そして開始と同時にたくさんのパンを選んで買ってくださるお客様。。
時間が許せば、ひとりひとりの方と、じっくりとゆっくりとお話をしたかったです。

ブログを見ています・・・と言って下さった方も。
以前にコメントした○○です・・・と言って下さった方。
ブログの中で仲良くしていただいてた方。
いろんな人と会って話せて、感動でした。
こんな風にお客様と向き合って売る機会は今回が初めてでしたが、
言葉にできないくらい楽しかった!!
いつも山の中で周りの木や鳥と向き合ってたけど、
やっぱりいちばんステキなのは人間だーーって思いました。
人と向き合って顔を見つめてお話できる事、心と心を通わせられること、
それがいちばん素敵なことだーーと思いました。

またゆっくりといろんなことを思い返したいと思いますが
今はこれだけ。
みなさん、本当にありがとうございました!!

ライ麦

よいお天気が続いて、ライ麦はすくすくと伸びる。
はじめ赤かった芽。
少し伸びたら緑に。
いかにも元気な感じの生命力溢れる芽。
雪が降る前に、どれだけのびる・・・?

えごま

お隣のおばあちゃんが、えごまの収穫をはじめたので見学に。
シソの実のように、花の終わった穂に種がついているので
樽の中に穂をさかさまに向けて振って落とす。
とっても原始的な作業。
まだ熟し足りない種は落ちないので、数本束にして立てておいて数日干して、
それからもう一度振り落とす。
束ねるためのヒモは、稲藁。
ビニールヒモなんて使わないのよー。

この前稲刈りした時の稲藁、とってもきれい。
大事に束ねた稲藁をいただいた。

わたしの畑のえごまも収穫時期を迎えている。
半分だけ収穫。
残りは週明けにやろう。

こんな地味な仕事ばかりなんだよねー。
山の暮らしは時間の流れが確実に違う。
ゆっくり・・・こつこつ。
「毎日遊んでばかりやさ~」というおばあちゃんのやってるこつこつ仕事は、
すごい価値ある仕事だよ。。

きのこ

山は秋が深まっています。
朝、あたりは濃い霧に包まれていて、日の出とともに徐々に霧も消えていきます。
そして裏山が光できらきらかがやきだします。
毎日少しずつ葉っぱの色が赤や黄色に染まっていくのがわかります。

今週末は、「工房からの風」に参加させていただきます。
21日(土)と22日(日)の二日にわたって、千葉の市川市で開催されるクラフトフェアです。

らふとさんのお庭で育てられたハーブを使ったパンやクッキーも焼きます。
22日はわたくしも現地で一日参加させていただきます。
とっても楽しみです!!

と言うわけで、今はそれに向けてのパンのことで頭の中はいっぱい・・・
でも前もって焼いておけないところがパンの辛いところです。
準備できるところから、抜かりの無いように進めている最中です。

とりあえず今日は留守中のヤギの餌を用意せねば・・と、桑の葉っぱを集めました。
そして岩魚を獲りに行こう・・・という息子に付き合って少し気分転換に近くの沢へ。
肝心の魚は小さな魚影のみでしたが、かわいいきのこをおみやげに。
・・・ってこんなことやってる場合じゃないね。。

今週末、山の紅葉も一緒に連れて行けたらなぁ。

山

かぼちゃパイ

アップルパイに使った生地があまったので、
かぼちゃのパイを作ってみました。
包み方もちょっとかぼちゃっぽく。
かぼちゃの種は、「へた」のつもり。

手前にある実は、mizoさんにいただいた月桃の実。
月桃に関しては、まったく無知で沖縄の植物ってことくらいしか知りませんでした。
花も見たこと無いです。
こんな実がつくなんて!
なんだか不思議なかわいらしさ。
オレンジの殻と、シルバーの種の対比もすてき!
かぼちゃにも似てる・・・と思って、一緒に並べてみました。
ちなみに後に並んでるオレンジのものは、カラーピーマンです。

かぼちゃといえば・・・
うちのヤギはかぼちゃ大好き。
かぼちゃはあげれないけど、中の種とワタをあげます。
もう、一心不乱に食べます。。
かぼちゃ畑の近くにつないでおいた時は、蔓を引っ張ってたぐり寄せて
まんまとかぼちゃを食べてました。
あの時は腹が立つというより、ヤギのがんばりに感心したなぁ。。
ライ麦の種

サリンジャーの「ライ麦畑」の男の子が好きだから・・・?
ライ麦を育ててみたかった。

「The catcher in the Rye」
はみだしっこの問題児のホールデン少年。

・・・広いライ麦の畑があって、小さなこどもたちがみんなでなんかのゲームをしてて・・・
何千っていうこどもがいて、あたりには大人はいない。
僕のほかには・・・
僕はあぶない崖のふちに立っている。
僕の仕事は、崖からこどもが転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ・・・・

彼のなりたいものは、パパのような弁護士でも科学者でもなく
「ライ麦畑のつかまえ役」
パパや先生にはわからないだろうけど、彼はほんとに大事なものが何かわかってる・・・
ってわたしは思う。

******
種を分けていただいたしゃおさんが住んでいる青森の方では、
9月20日ころには蒔かないとだめらしい。
ここも同じくらい寒いから、既に時期遅し?
でもとりあえず実験してみよう!

畑でかくれんぼが出来るくらい高く成長するライ麦。
来年の初夏の畑が楽しみ。

ライ麦畑でつかまえて ライ麦畑でつかまえて
J.D.サリンジャー、野崎 孝 他 (1984/05)
白水社

この商品の詳細を見る
イチイのジャム

3連休の最後の日は、ほんとに気持ちのよい一日でした。
こんなに爽やかなお天気の日は、一年にいったい何日あるかな?

朝ごはんを食べて、外に出て、さっそくおままごとする娘。
イチイの実のジャムを作るらしい。
「わたしの作るジャムは、煮ないで作るの。種を取ってつぶすの。」
高枝バサミで採ってあげた枝から、実をはずして種を採ってつぶします。

伸び放題のイチイの木には、実が鈴なりになってる木、
まったくひとつも成ってない木があるのです。
イチイの木にもオスの木、メスの木があるのかな。

自分の木だと決めている大きなイチイの木があって、
その下に置いてあるベンチに座ってビンの中のイチイを木の枝でつぶす。楽しそう・・・
息子が木に登ろうとすると「だめ、わたしの木に登ったらだめ!」
それでも無視して登ろうとする兄に「登ったらこのジャム付けるよ!」おどしてる~
息子あわてて逃げてました。。

出来上がったジャムを持って木に登り、てっぺんでひとりおままごと。
あとで聞いたら、ふきの葉っぱ(パンのつもり)にジャムを塗って食べたらしい。
おいしかったらしいです。(もちろん食べ真似ですが。。)

食べれないジャムの話ですが、かわいかったのでジャムカテゴリーにアップしときます♪

注:イチイの実は食べれますが、種は毒です。注意してください~



山葡萄酵母

山葡萄の酵母は常温で4日くらいで発酵しました。

シュワシュワ元気な赤紫に色づいた発酵液を濾して、
石臼挽きの全粒粉を混ぜて種を仕込みます。

シンプルな丸パンと、くるみとカレンズ入りのパンにしました。
カレンズは小粒の干し葡萄ですが、酸味が強いのでレーズンより野生的。
山のくるみとの組み合わせは、山葡萄酵母にお似合いです。

出来上がったパンは、こんがりぷっくり
とってもかわいい姿でした。

山葡萄酵母のパン

玄米キッシュ

Asaさんから教えてもらった、ケチャップレシピ。
とっても独特で、トマトの皮を湯剥きではなく、網焼きするのです。
トマトは陰性の野菜だから、より陽性に傾けるために、水ではなく火をつかうのかしら・・・
と、勝手にマクロ的に解釈して、1・5㎏のトマトをじゅわじゅわと焼きました。

でも結局レシピは大幅アレンジしてしまい、ケチャップもどきが完成!
さっそくキッシュを作りました。
生地にはアップルパイと同じく、菜種油と粉のあっさりタイプを使用。
空焼きしてから、ケチャップをからめた玄米を詰めます。
その上に茹でたインゲン、にんじん、レンコンを並べ、チーズをたっぷりのせて焼きました。
粉に玄米にチーズ・・・
かなりのボリュームある一品です。
お弁当に一切れ入れてもいいかも。。

山葡萄ジャム

山葡萄のジャムは3瓶。
たくさん採ってきたつもりでも、
粒をはずして、ジュースにして、種を濾して、煮詰めたら・・・
これだけ。

ジュースの時は、ほんとにほんとにうっとりするような鮮やかな葡萄色。
でも煮詰めて瓶に詰めると、暗闇のような色になってしまう。
でもでも、パンの上に、サーとのばすと、
きれいな葡萄色なんです。

お味は・・・?
いかにも山の葡萄って感じ?(ってそのまんま!)
ワイルドなんだけど上品で、とっても深みがあるのよね・・

まるでフランスのflourartist、カールフシュ・・・
彼のイメージだわ~~
このジャム、大事に大事に食べましょう。。
これから山葡萄ジャムのことは
フランス風に呼んじゃおうかしら。

++++++++

りんご

今日から10月。
りんごの季節になりました。
アップルパイはじめます。
砂糖もバターも卵も入らないマクロビオティックレシピのアップルパイ。
今期もどうぞよろしくお願いします♪
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。