もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
冬のパンセット

 冬のパンセットを作りました♪
  朝ごはんに、おやつに・・・たっぷり楽しめる量だとおもいます。
  少しよそいきな箱で(いつものリサイクルダンボールではなく)パックしますので、
  冬の贈り物にもいいかもしれません。。

 セット内容
  +玄米ごはんパン 1こ・・・炊いた玄米入りの大型のパン
                   田植え、草刈、除草などに関わってこだわって作った低農薬米です
  +マフィン      3こ・・・・シンプルな材料ですが味わい深いです
  +チョコクロワッサン 2こ・・・チーズクロワッサンでもOKです
  +アップルパイ    2こ・・・砂糖、バター、卵を使わないマクロビオティックレシピのパイ
  +シュトーレン  1こ・・・クリスマスを迎えるためのドイツのパン
  +ローズマリークッキー・・・一度味わっていただきたいクッキーなのです。。

   ++ちいさなおまけ
      くるみの殻の蜜ろうそく・・・ミツバチの巣から採った蜜蝋で作りました。
                    数に限りがありますので、無くなったらごめんなさい。。


           1セット¥3,000 (箱代込み、送料別)

  *パンの詳しい材料はMENUを参考にしてください→

  *パンセットのお申し込み→

  *送料について→


蜜ろうそく


スポンサーサイト
ヒナタノオト

「galleryらふと」や「工房からの風」のディレクションをされ、
先日は「手しごとを結ぶ庭」を出版された稲垣早苗さんのお店が
12月1日に日本橋浜町にオープンします。

「ヒナタノオト」という名前の工芸のお店です。
紅葉したメープルの葉っぱ色の案内状が届きました。

木工の井藤昌志さん
木の彫像を作られる高橋朝子さん
こぎん刺しの針の森さん!!
羊毛の布を作られる吉野綾さん
いろんなつながりで仲良くしていただいてる方たち・・
ヒナタノオトの空間に作品が並ぶのですね・・・いいな。。
見に行きたいですーー

オープニングにはデンマークのちゅうぶる生活具も並ぶそうです。
お近くの方、ぜひ覗いてみてくださいね。

  ヒナタノオトのHP→
  「手しごとを結ぶ庭」→

+++++++++++++++++++++

  案内状の下は井藤さんのカッティングボード→
  赤いステッチの布は針の森、lotusさん作のかわいい布♪
  さりげなく自慢。。笑

シュトーレン

もう11月も終わり・・・
早いですね。。
12月が近くなると焼きたくなるのがシュトーレン。
日曜日、試し焼きをしてみました。

シュトーレンはもともとはドイツのクリスマスのパン。
フルーツやナッツがたっぷり入った、どっしりしたケーキのようなパンです。
クリスマスを待ちながら、薄くきったシュトーレンを食べるそうです。

自家製酵母のシュトーレンは大事に一切れずつ食べるのにふさわしい重みがあります。
黒糖焼酎に漬けこんだドライフルーツ、干し柿、夏みかんピール、ナッツがたっぷり、粉と同量入っています。
初夏に鴨川から送っていただいた夏みかんで作ったピール。
先日完成した干し柿。
かなり思いの詰まったパンであります。。

明日にはシュトーレンも入ったギフト用のパンとお菓子のセットをご紹介したい・・・と思っています。
マフィン

ついに・・・だなんて、大げさだけど。
以前から作りたいと思っていたマフィン。
マフィンには必要かと思って、わっか(アルミの輪)も、かれこれ一年前から用意してあった。笑
パン考房MomoのAsakoさんの美味しそうなマフィンの記事を見て、ますます作りたくなり・・・
フライパンで焼くものだと思っていたら、上にもう一枚天板をのせて焼けばいいらしい・・・
ならば簡単かも。。(わっか、必要なし。。ぐぁ~ん)

いつものカンパーニュのシンプルな生地を丸めて焼いたのだけれど、
形が変ると雰囲気も味も変るのが面白い♪
半分に切って、蒸し器で温めて食べると・・・か・な・り・美味しいよ~
8つ作ったマフィンは、あっという間に無くなって今も仕込み中。
コロッケはさんで食べたい・・・と思ったのに、コロッケ作る間もなかった・・・
これ、定番にしよう。。

かごに敷いてる布は、Lotusさん作♪
赤の糸でチクチクしてあるのですが、運針の具合がなんともなんとも・・かわいい♪♪
今一番気にいってる布です。。



干し柿

庭になった渋柿をいただいたので、今年も干し柿を作りました。
今年の試みは、藁で吊るしたこと。
藁をなって紐にして、撚りになった部分に柿の枝を入れてつるしました。
ビニールでつるすよりも格好いいでしょ♪

でも渋くて食べられなかったものが、
干しておくだけで甘くなるなんて本当に不思議です。
寒い地方では渋柿しか成らない・・・ということも面白いです。
甘い柿の木を植えても、渋柿になってしまうのです。
柿は体を冷やす果物だから、寒い地方では食べてはだめだからでしょうか?
干して陽性の食べ物にしてから食べなさい・・・ということでしょうかね。。

去年は干し柿のねっとりした甘味を使ってお菓子を作りましたが、
今年は何にしようかな。。


アップルパイ

ここはりんごの産地です。
市内にはりんご果樹園がたくさんあります。
蜜入りで人気のある品種、「ふじ」がもうそろそろ出回る頃です。

アップルパイはお砂糖を使いませんが、
焼いているうちにりんごの煮汁がカラメル状になって出てきます。
べたべたする事があるのでオーブンペーパーを敷いて袋に入れています。
このオーブンペーパーは無漂白のもので素朴な風合いで気に入ってます。
口をしばっている紐も生成りの紙紐。100円ショップの。
ラベルのシールも生成りのクラフト紙のものを探してますが、これはまだ見つからず。
インクジェット紙でシールでクラフト紙となるとなかなか無いのです。
何処で手に入るのか知ってる人いますか?
こっそり教えてください。。

わたしは生成りが好きだけど、日本人は真っ白が好きな人多いですよね。
お砂糖も粉も精製した白いもの。
お米も白米。
洗濯物も真っ白に・・・
真っ白は清潔な感じがするけど、川を汚してきたなくしてるんだよね。
「おかあさん、みんなの体操服は真っ白だよ。」と言うけれど、もともとの色は生成り色なの。
合成洗剤には白い色に染める薬が入ってるんだから・・・
川や海を汚すほどぴかぴかに真っ白な服着なくていいでしょ?
・・・・って思うのだ。。
調理実習などでお米一合とか持っていく日。
うちのお米は小さな家庭用精米機で精米するのだけど、
どうしても真っ白にはならない。
「おかあさん、うちの米は色が違うから目立つよ。」だって。
みんなの持ってくるお米はほんとに真っ白なんですね。
「うちのはなんでも茶色い・・・」
息子はちょっと不満そう。
でも母は生成り色が好き。
ちょっぴり茶色の方が体にとっても地球にとってもよいのだよ・・・


ラスク

少し固くなったパンで作るラスク。
パンは出来るだけ薄く切ります。
バターをとかして、甜菜糖としょうが汁を混ぜます。
しょうがの代わりにシナモンでも美味しいです。
パンに塗って、150度のオーブンで15分くらい、焼き色を見ながら焼きます。
あっという間に出来る簡単ラスクです。
天然酵母の固めのパンでつくるので、サクサクというよりカリカリな歯ごたえ。

雪

朝から雪。
今も降ってます。
時折屋根に積もった雪が、ドドーーっとすごい音を立てて落ちていきます。
道路にも積もりそう。。
今朝がんばって冬タイヤに替えておいてよかった~
芋まんじゅう

昨日までの暖かさが懐かしい。
山は、一晩で秋から晩秋に・・・
夕方からは激しい雨と雷。
暖かい空気と冷たい空気が、上空でぶつかってけんかしてるようです。

きょうのおやつ。
芋まんじゅうとプルーンナッツバー。
芋まんじゅうは我が家で一番人気のおやつ。
とっても簡単なので、さつまいもの季節にはよく作ります。

わたしの作るのは、ほとんどがさつまいも。
粉はつなぎ程度にほんの少し入れるだけです。
隠し味程度に甜菜糖と塩、ベーキングパウダーか重曹も少し入れます。
お芋の団子?!という感じの芋まんじゅうです。

奥の茶色いのは、中島デコさんのマクロビオティックのパンとおやつの本から。
「プルーンナッツバー」というお菓子が美味しそうだったので、真似してみました。
レシピにはオレンジやメープルシロップが入ってましたが、無かったので省略。
オートミールの生地の間に、プルーンのペーストを挟むらしいのですが、
混ぜて焼いてしまいました。
くるみがたっぷりでなかなかの美味しさでした。
でもやっぱり子どもたちは芋まんじゅうばかり食べてました。。

中島デコのマクロビオティック パンとおやつ 中島デコのマクロビオティック パンとおやつ
中島 デコ (2005/07)
パルコエンタテインメント事業局

この商品の詳細を見る
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。