もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
   影
  

 あっというまに1月も終わりです。
今年初めてのパンセットを作ってみました。2月いっぱい作る予定でいます。

今年は雪も少ないから楽です。雪下ろしも一度もしなくてすんでいます。
でも降り積もった雪はかなりの深さでした。
この写真を撮りに長靴はいて行ったのですが、靴がずぼずぼはまり、靴下までぬれてしまいました。。
スノーシューで散歩したら気持ちいいだろうな・・・

雪の画用紙に描かれる絵は、太陽と雲によって濃度が変化します。
このあとすぐに薄くなって消えました。


     *   *   *   *   *   *   *
     
         ** 2月のパンセット ***

   +全粒山食パン 1こ (300g)    シンプルな食パンです
   +黒糖マフィン  3こ (100g×3) ふんわりやわらかいイングリッシュマフィン
   +ライ小麦パン  1こ (300g)   ライ小麦50%のどっしりカンパーニュ
   +くるみとピールのカンパーニュ 1こ(300g)自家製夏みかんピールとくるみ入り
   +玄米ごはんパンプチ  2こ(120g×2)   無農薬玄米入りのプチパン
   +ショコラクロワッサン 2こ(80g×2) バトンショコラをはさんだクロワッサン
   +オートミールクッキー 一袋(60g)  オートミールたっぷりのマクロレシピのクッキー

            1セット ¥2800(税込・送料別)

          ご注文はこちらからお願いします→


       *パンは自家製酵母、国産小麦で作っています
         クロワッサンだけバターを使用してます

        *メニューにあるパンは一緒にご注文可能です→

       *発送日の指定は特にお受けしていませんが、できるだけ対応させていただきます

       *送料はこちらを見てください→*       

スポンサーサイト
ライ小麦パン

ライ小麦。
聞き慣れない名前だと思いますが、ライ麦と小麦を掛け合わせた交配種の麦です。
市場にはほとんど出回っていないようですが、
海外からのライ小麦は人為的に作った遺伝子組み換え穀物です。

秋にしゃおさんにいただいたライ小麦はその点安心。
ライ麦と小麦が自然に交雑したものを日本の有機農家が代々種を継いできたものだそうです。

日本でライ小麦を栽培されてる農家さんは、ものすごく少ないと思われます。
そんな貴重なライ小麦、しかも有機栽培品です。

粒を観察してみると・・・
とても大きいです。
ライ麦も小麦より大きめの粒ですが、それよりも大きいです。
そして見るからに水分が多い感じがします。(確かに捏ねてみて感じました)
栄養的にも優れているらしく、リジン含量が小麦より3割ほど多いらしいです。

さて。。
出来上がったライ小麦パン。(50%ライ小麦)
石臼の粉挽き機で挽いて、ふすまも入れたので少し濃い色をしています。(写真一番前のパンです)
スライスしてみると、これまた中も茶色っぽく、
食感がすご~くもちもちでおいしい!
小麦でもライ麦でもない・・・
これがライ小麦なんですね!?

2月のパンセットに入れたいと思います。
ぜひ味わってみてください。
パン

とても久しぶりなmayuさんのパン。
mayuさんとの交換は3回目なのですが、
今回も箱の中にはぎっしり、いろんな種類のパンが。。

 カンパーニュの山食
 発酵バターの山食 
 ライ麦イチジク
 ライ麦メープルクリームチーズ
 発酵バターのバターロール
 ベーグル

お菓子


 まだまだあります・・・

 カンパーニュ・ショコラ・ダマンド
 具だくさんバウンド
 イチゴのタルト
 夏みかんピール


たくさんのパンとお菓子。。
もう、並べて写真撮ってるだけでしあわせでした~~

もちろん食べてもっともっとしあわせになりました。。

mayuパンのおいしさは、なんだろう・・・
元気な酵母と粉に、水とやさしさ入れてこねて、オーブン温度は200度+大きな愛・・・(焦げそう?)
ってかんじでしょうか。。
かなり野暮な表現でしたね。笑

一度もお会いしたことはありませんが
mayuさんのことはパンを見てるとわかる気がします。
この2年間で3回ほど食べさせてもらいましたが、
ますますおいしく進化して、洗練されてる気がします。
そして、チャーミングさも加わって・・・
最強ですね!!

あぁ・・ほんと、おいしいものは人を確実にしあわせにしますね。

たくさんのパンを焼くのではなく
しあわせにできるパンを焼きたいものだ。

mayuパンを食べながら、また強く決意したわたしです。

mayuさん!
これからもますますパンでしあわせを振り撒いていってください♪(ティンカーベルみたいですね!)
そして、おたがい夢かなえましょう~

「起きて見る夢はかなう」(by mayu)
いいですね~
はい!!同感です~!笑

版画

今日はうれしいことがいくつもいくつもある日。

郵便箱には・・・
みどりさんからの贈り物、ほいあん堂さんのお菓子!
みどりさんお気に入りのお菓子ということで、気になっていたのです。。

とっても丁寧に作られている・・・という印象。
パッケージにも形にも、その丁寧さを感じました!
バターを使っていない、和風の素朴なお菓子は、4種それぞれに個性的で、
噛み応えがあってとてもおいしかったです。
(子どもにはねじねじのかりんとうが一番人気でした!)

ほいあん堂さんは佐賀の唐津のお店だそうです。
大事な友人が唐津の島に住んでいるので、地名にも懐かしいものを感じました。


郵便箱の中にはもうひとつ・・・
緑色の封筒が。。

年末にパンをお届けした姫路のOさんからのお手紙でした。
コブタの版画がとっても素敵!!(版画のお仕事をされてるそうです)
そしてわたしの住んでいる場所にも以前いらっしゃったという不思議なご縁も発覚。。

そういえばご注文くださったときのメールにもこんなことが書いてありました。
「・・・・ヒナタノオトさんの展示でてくてく堂のみどりさんの作品に出会い、
 みどりさんのHPで、アップルパイの記事を読んで食べてみたくなりました・・・」

みどりさんとOさんもどこかでつながっていたのですね!?

そして同じ日に郵便箱に届けられたお二人からの贈り物。
これって、なんだか・・・
不思議なつながりを感じる、うれしい日でした。

みどりさん、Oさん
あたたかいお気持ち、とってもとってもうれしいです。
ありがとう。。






結晶

毎朝きりりと寒いです。
でもこの寒さがなんだか気持ちがいい。

家の周りでは単独行動の動物によく出会います。

犬がワンワンほえるので、どうしたのかな?と見ると、
窓のすぐ外に一匹のきつね。
数分間わたしとお見合いしてましたが、山のほうに走って行ってしまいました。
きつねの足跡はまるで一本の線のようにまっすぐなのです。
真っ白な布の上を、山のほうまでグレーの糸で波縫いしてるような・・・
まっさらな雪野原の上のグレーの足跡。
とてもきれいでした。

それにしても
きつねの色って、ほんとに「こんがりきつね色」なんです。
つやつやでおいしそうな色でした~

一匹のリスにも出会いました。
アイスバーンの街道を車で走ってたら、
すぐ前を長いしっぽを振りながら猛スピードで横切っていきました。
お~い・・・ちゃんと右左見たのかい???

そういえば夏にこんなことがありました。
地区の子どもたちと一緒に山の街道のごみ拾いをしたとき。
道端にリスの亡骸がありました。
頭が取れていて残酷な姿だったので、一番初めに気がついたわたしは
あえて子どもたちには教えずに通り過ぎました。
そしたら、娘たち見つけてしまいました。。

どんな反応するのだろう・・・
怖がるかもね。。
そしたら・・・

「かわいそう・・・土に埋めてお墓作ってあげなくては。。」
小学生の娘たち、道端に穴を掘って首のないリスを埋め、
手を合わせてお祈りしはじめました。

おぉ・・・
そういう反応してくれたのね。。
わたしはかなりうれしくて、
無視して立ち去ろうとした自分ったら・・・いったい・・・と、反省したのでした。。

足跡







ヒヤシンス

朝は氷点下10度以下の寒い日が続いています。
窓がガチガチに凍って開かないほどです。

ひなこさんのところのヒヤシンス、もう咲いたんだ・・・いいな。。
家のはまだまだだな・・・

と思ってたら、急に花が開きだして一個だけ咲きました。
下の画像から一週間。
思ったより成長が早いです。

パステルカラーの球根のはずだったのですが、
かなり濃いですね!?
周りは雪と氷の世界なのに、ここだけ春みたいでうれしくなります。


ヒアシンス

長かった冬休みがおわり、3学期が始まりました。
でも明日からまた3連休・・・だったりします。。

テレビ無し生活もすでに6年。
テレビがないと、夜も静かです。

でもたまには・・・と思い、
図書館で借りたDVDを夕飯を食べながらノートパソコンで観ることに。
手塚治虫の「ジャングル大帝」
ご飯を食べながら一時間半、ゆっくり鑑賞しました。

夕飯+映画
これが気に入った娘、昨日も観たい・・・というので、
手持ちのDVD「旅するジーンズと16歳の夏」を。
4人の少女のひと夏の思い出の話なんだけど、4人の夏休暇の場所が違うため、
映画の場面もくるくる変わります。
この展開についていけるかな・・・?とおもったけど、娘はすんなり理解。
(息子は案の定しばらく混乱してました。。笑 俺こういうの苦手や・・・なんていいつつ見てた)

一人の少女はギリシャのサントリーニ島でひと夏を過ごしますが、
この映像がとってもきれい。
白い壁と青いドーム型の屋根の建物が連なって、すごく絵になる場所。
少女のおじいさんの家の窓からの眺めは最高で、エーゲ海の青い海と空が窓から絵画のように見えて、
きっとサントリーニの中でもベストビューポイントなんだろうな。。

20代のころの貧乏一人旅でサントリーニ島にも行きました。
アテネからフェリーで着いた港から見上げた島は、
火山の島らしく、断崖絶壁の上に家が並ぶのです。
急な坂道を上にある宿まで、ロバで上がったりします。(わたしは歩きました。。)
北欧やスイスなど物価の高い場所を旅した後のギリシャだったので、ここはかなりパラダイスでした。

映画の楽しみはこんな風に過去に旅した場所に映像で出会えることにもあります。
懐かしさで胸がいっぱいになったり、またいつか行きたい・・・と思ったり。

でも旅してたときは、長旅だったのもあり早く帰国して自分の暮らしを見つけたい気持ちがつのっていました。
どこを旅しても自分の帰る家は無いのです。
あたりが暗くなり、道行く人がみんなそれぞれ家路を急いでいるときに、わたしは少し悲しい気持ちになってました。
まぁ、一人旅ってそんな寂しさはつき物なんですが。
それを乗り越えて人は変化していくのだ・・・笑

あのときのように長期の旅はしたくないけど、数週間の旅や滞在はまたしてみたい。
今は自分なりの場所を見つけて暮らしているけど、
これも長い旅の途中ともいえるし、そう思ってます。
毎日を自分の責任で決めれるし、育ててもいける。
同じ場所から移動はしないし、新しい出会いも少ないけど、
毎日のわずかな変化や積み重ねは旅以上に達成感や充実感を得られる気がします。

白川郷

スキー場から少し足を延ばして、白川郷へ。
小一時間散歩しました。
高台から眺める合掌造りの家々は昔話に出てくる村のよう。
sirayumi


新しい年になりました。
2008年もどうぞよろしくお願いします。
素敵な年になりますように。。

SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。