もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
明日から12月。

畑に残った雪もようやく消えて、なんとなく春が来た?ような雰囲気の山。
でも本格的な雪はまだまだこれからです。

1年の最後の月に食べていただきたいパンをセットにしました。

初夏に作った夏みかんのピールも入れたシュトーレン。
秋に畑で収穫したかぼちゃをたっぷり入れたもちもちイングリッシュマフィン。
飛騨で育ったりんごを使った、マクロレシピのアップルパイ。
一年かけて大事に育てられた果物や穀物たちを味わっていただきたいです。

  12月のパンセット
 
    +シュトーレン  
    +カンパーニュ
    +木の実パン
    +かぼちゃマフィン(3こ)
    +キューブパン
    +アップルパイ(2こ)

       1セット 3000円 (税込み・送料別)


     パンセットのお申し込み、ありがとうございました。
     焼ける数いっぱいになりましたので、ひとまず申し込みを締め切ります。

     

    *パンセットのお申し込みはこちらのフォームからお願いします→

    *送料はこちらを参考にしてください→
    
    *メニューにあるパンは一緒にお送りできます→メニュー
   
  12月の2週ころから焼き始めますので、どうぞよろしくお願いします。。

  (上の画像はセットのパンの一部です。)


   


スポンサーサイト
植木鉢
先週の水曜日に降った雪は、まだ残っています。
植木鉢の上にこんもり積もっていた雪。
ずいぶんとけたのですが。。。
みんな三角帽子みたいに残っていておもしろいのです。

玄関掃除を娘に頼んだら、雪を使って掃除していました。
濡れ新聞を撒いて掃除するときれいになる・・・というのがありますが、
あれの雪版でしょうか。。。

30分ほどがんばってぴかぴかにした玄関。
どろどろグランドで部活やってきた兄が、あっという間に汚してました。。
あぁ。。。

今朝・・・
バンッという音とともに、家の窓ガラスに鳥が衝突。
即死でした。

数分後、また衝突する別の鳥。。。

1年に3回ほど、運悪くガラスに衝突する鳥がいるのですが、
続けざまに2羽というのははじめて。

さては・・・
地球の電磁波がおかしくなったのかも・・・!?
以前観た映画(ザ・コア)の中の、方向感覚を失った鳩を思い出してしまい、
少しどきどきしました。。

あの映画の中では、何百羽の鳩がロンドンの町で空を暴飛行して、
窓ガラスやロンドンバスのフロントガラスなどにぶつかっていくのですが、
どうやって撮影したのか・・・
怖いシーンでした。


ガラス
雪の中、8823/glass workの沖澤さんが遊びに来てくれました。
陶芸作家のかわいい奥様と1歳になったばかりのパパ似のハンサムな息子さんと。
知り合って一年ほどですが、ゆっくりお話をしたのははじめて。
沖澤さん、陰の中に陽を隠し持ったような?とても楽しい人でした。。笑

新作のオーナメントを見せていただきました。
クリスマスの企画展用の作品。
窓辺にサンキャッチャーみたいに吊るしたら素敵だろうな。。。

+++++++++++

冬のすごしかた
千葉のギャラリーらふとでも素敵な催しが開催中です。

 「冬のすごしかた」→

お茶の楽しみ「一服包」(いっぷくづつみ)と、
お酒の楽しみ「一献包」(いっこんづつみ)
6人の作家さんのコラボレートで誕生したお茶セットとお酒セット!!

らふとでの企画展はどれも素敵なのですが(見に行けたことは一度も無いのだけど・・)
これもめちゃくちゃキュートですね!!!
自分用のこんな包みがあったら、お家に帰るのが楽しくなる・・・!?
というか、どこにでも連れ歩く・・・?

今週末(23日)にはパンも並べていただきます。
お近くの方、どうぞ覗いてみてくださいね。

+++++++++++++

来週には冬のパンセットをアップできたら・・とおもっています。
またどうぞよろしくお願いします♪



雪
初雪はいきなりの大雪。
11月にこんなに降るとは。。。
一週間前、東京からのお客様を迎えた日は、晩秋の晴天でした。
一週間で山は一気に冬景色になってしまいました。

雪
デッキの上のテーブルの上の雪。
これを見ると降った量がよくわかります。

火曜日、冬タイヤに換えておいてよかった。
ぎりぎりセーフでした。
インパクトレンチを借りにいったら、お隣さんは重機で穴を掘り冬用の大根を埋めているところでした。
反対のお隣のおばあちゃんは、大豆畑で落ちた大豆拾い。
雪が降る前はみんな忙しい。。。

小さいブルーベリーの樹の雪囲いとか、
残ってる丸太を割るとか、
雪が積もる前にやっておきたいこと、まだまだあったのだけれど。
また解けるのだろうか・・・
それとも根雪になってしまうのかな・・・

サフラン
部屋の中ではサフランが次々に開花してます。
先日、らふとの宇佐美さんたちがはるばる持ってきてくださったもの。
huiziさんからいただいたサフランです。
水なしで球根の中の栄養分だけで花が咲くなんて、
可憐な花なのに、たくましい!

huiziさんのところにお邪魔してみたら、ちょうど一緒の時期に咲いていました!
わたしも赤いのはおしべだと思っていました。
めしべなんですね~

霜
子どもたちが登校するころ、
山はまだ氷点下、霜の世界。

さて、音楽でも聴きながら片付けしよう・・・とおもってると、
何かがガツンと当たる音。
そして家の壁をカンカンとノックするような音も。
だれ?
音のほうを見ると、鳥でした。
黄色と緑の羽の、見たこともないきれいな鳥たちが3羽。
家の屋根のあたりで遊んでいました。
わたしが覗くと、イチイの木のほうに飛んでいきました。

追いかけて外に出たら、もうどこかに飛んでいったあと。

ちょうどそれは、
朝日が山から顔をだし、霜が光ってきらきらしてきた時間でした。

山のほうからは不思議な音が。

さらさらさら・・・・

葉っぱがいっせいに落ちる音でした。

静かな世界に響く、気持ちのいい音、
鳥のおかげで聴けました。

ブルーベリー

今しか見れないきれいなもの、
鳥のおかげで見れました。

タイム


光の指で触れよ光の指で触れよ
(2008/01)
池澤 夏樹

商品詳細を見る

みどりさんがこの夏はまった・・・という本。
10日くらいかけてゆっくり少しずつ読み、ようやく読み終えました。

夫、林太郎の恋愛事件(あえて不倫でも浮気でもなく・・・)をきっかけに、
娘を連れてフランスのエココミュニティーであるエコドルプに暮らすことになる妻、アユミ。
田舎の全寮制の高校を選んだ息子、森介。
家族四人がばらばらに暮らす。

レイキ、パーマカルチャー、シュタイナー、地域通貨、
名前は変えてあるけれどスコットランドのフィンドホーンも登場する、
エコ・スピ系キーワード満載の本。

霜
今朝の庭は霜で覆われてました。
起きてきた人、ふたりとも朝の第一声は・・
「雪!!」
雪じゃないけど、ほんとに一面まっしろ。
霜が降りるたび、木の葉がはらはら落ちて、庭もこざっぱりさびしくなっていきます。

山
裏山の木も、赤や黄色の紅葉は終わって、今はカラマツや楢の木がピーク。
カラマツは金色に光ってきれいです。
紅葉の終わった白樺は葉っぱが落ちて白い幹だけが遠くからも目立ちます。
山に白い棒が点々と並ぶ様子もきれいです。

友人と、その友人(Jさん)と一緒に、東濃の気になっていた場所めぐりの旅へ行ってきました。

朝、子どもがスクールバスに乗ったと同時に出発!
子どもが学校に出かけてる間の貴重な時間をフルに使うのです。。。

久しぶりの飛騨脱出だし・・・
紅葉ピークの街道を、おしゃべりしながらドライブするだけで
いつもと違う日常にこころが弾んでしまいます。

3時間ほど走り、多治見の百草へ。
ちょうど真木千秋さんの布の企画展が開催中。
う~んう~ん・・・
うなりが出るほど素敵で、でもお値段もすばらしいので、ひたすら目と心の保養に。

薪にして燃やしちゃってるような木の木っ端も、引き出しにつっこんでる木綿の古っぽい布も、
燃やしちゃいかん・・・捨てちゃいかん・・・
物の生かし方のセンスのようなもの、大事よね・・・
はじめて訪ねた百草では、そんなこといっぱい思いました。
庭に転がってるあれで、あれを作りたい・・・
布のひきだしのあれで、あれを作りたい・・・
山のあれで、あれを・・・
なんてことを、いっぱい思ってしまうような、創作刺激満載な場所でした。わたしにとっては。。

外
お昼はJさんのお友達のお店へ。
さかづき美術館の敷地内に建つ、クープドゥシナモンという石窯のピザ屋さん。

窯
お店の中の大きなピザ窯は、
まわりに欠けた陶器が貼り付けてあったりして、かっこいい!!
窯の入り口にはとびらも無くオープンで、中に燃えている薪が数本。
その隣にピザを入れて数分で焼き上がり!
パンだとこういうわけにはいかないけれど・・・
ピザならかなり単純な造りの窯でも平気なんですね。
いいなぁ・・・ピザ。。。

焼きりんごとか、石窯焼きの野菜とサーモンとか・・・
サイドメニューもデザートも窯で。
いいなぁ・・・石窯。。。

最高においしいピザをおなかいっぱい食べ、デザートまでサービスしていただき、
満腹しあわせな状態で、お次の目的地、山岡町のほやらへ。
ここも顔の広いJさんのお友達の店。

山道、裏道に詳しい友人のナビで予定時刻通りに到着。

ほやら
古民家を改築したカフェ。
山奥に住むわたしが言うのもなんですが、
ここも田舎でそうとうの山奥なのだけど・・・にぎわってました。
パンはもうすでに完売でした。
週末などはかなり、いや猛烈?忙しいみたいです。
山でも辺鄙な場所でも・・・関係ないのだな。。

2階が深山のギャラリーになっていましたが、この器がとてもいい感じでした。
時間が押していましたが、即決でお皿を2枚選びました。

ほやら2

帰りはかなりダッシュで山道を走りぬけ、
なんとかぎりぎり息子を中学に迎えに行き(なんか遅かったね・・といわれたが。。)
時間もぎりぎりセーフ。
今後に続く色々なものが収穫できた、刺激受けすぎのすてきな旅、
次はどこへ行こうか?
友人とそんな計画をすでに立てつつの帰り道。
今までの出不精が少し解消されそうな予感。。!?



SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。