もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ワイエス

アンドリュー・ワイエス-創造への道程(みち)」展を観てきました。

美術の教科書にあった、「クリスティーナの世界」
昔からどこか気になる絵でした。

どうして後ろ向きで草原に座ってるのだろう・・・・?
と思っていたクリスティーナの絵。
実は彼女は生まれつき手足が不自由だったらしい。
「座ってる」と思っていた絵は、彼女が草原から家に「這って帰る」ところだったらしい。。

そうだったんだ・・・

気になる画家ではあったけど、知識はほとんどなかったので、
今回の展覧会でワイエスのことをいろいろ発見。

家に帰って、安野光雅さんの「旅の絵本」のアメリカ編を久しぶりに開く。(上の絵)
そういえば、ここにもワイエスの描く毛皮の帽子をかぶった少年がいたはず。
(右上の体操すわりの子)
枯れた草原にすわる少年の絵。
今まで気がつかなかったけど、隣に描かれてる家は、
ワイエスの暮らした「粉挽き小屋」だ!!
安野さん、そうだったんですね。。。
ようやく気がつきました。

以下、覚書散文ですので興味のある方だけ開いてください。

スポンサーサイト

数日前に、ポストに入れたみつろーからの包みは、

無事に海辺のそらさんに届いたようです。

ほら、みてくださいな。。。

そらさんの種蒔手帖

みつろーからの包みの中は、
くるみのろうそくだったようです。

くるみ

そらさん、画像お借りします。。↑

  
   ホレてまうやろー !!
   >。< *


そらさんの告白を伝えたら・・・

みつろーから手紙が届いてました。

どうやら、わたし宛でなくそらさん宛!?
みつろーって、かなりキザなクマ!?

++++++++++++++

 小包、ちゃんと届いたんだね。

 うれしいよ!

 この森と、そらさんの住む海は、同じ空でつながってるんだね。

 ニースの海は、とってもまぶしい海です。

 シャガールの愛した光と空気のあふれる愛の町だよ。

 ラベンダーの花に群がるミツバチの羽音と波の音を、

 聴きながら、昼寝したいよ。。。

                みつろー

 
干しりんご

もう4月?と思えた、土の見えた庭。
春はうれしいけど、少し違和感が。。。

今週はよく雪が降り、
今はいつもの2月の雪の庭にもどりました。

ストーブの熱で干しりんごを作ります。
しっとり程度に干して、刻んでオートミールバー用に保存。

学生のころ、北海道への旅に使ったのは、八甲田という今はもうない急行列車。
時間はあるけどお金のない人だったので、
大垣発東京行きの深夜急行と八甲田を乗り継いで、
陸路での、ものすごくハードな北海道上陸でした。
青森を通過したとき、隣に乗っていた子が駅の売店で買ってきた「りんごチップス」

それがものすごーーーく好きな味でした。
甘くて、かりかりしてて、りんごの甘酸っぱさも残っていて。
あっというまに一袋食べてしまって、たしかおかわりを買いに走ったような。。

干しりんごを作ると、いつも思い出す、おいしい記憶です。

くるみ
くるみってハートなんです。

くるみにはハートがあるんです。

noixはフランス語でくるみのこと。

ノワ、とかノア、ってよみます。

この小さなナイフは、くるみを上手に割るためのもの。

歯の部分に「inox」って書いてあります。

あわてんぼの人が、noixだょ!!!と、

買ってきてくれました。

くるみ割りなのに、なぜにinox・・・・?

メーカーの名前?

ともかく・・・くるみがきれいに割れるのは、とても気持ちがいいのです。

いっぱい割って、テーブルの上、きれいなハートでいっぱいにしたいです。

チョコ
熱いハートのこもったチョコは、

ひじょうにとけやすいので、

雪の上に。。。





小包
海辺にすむ、そらさんから小さな小さな包みが届きました。
あて先は、
「森のなか みつろーさん」

わたしあてのこんなお手紙と一緒に。。

 「 みもさんへ      木芽月10日。

    みつろーさんのぼうし・・・
    思いついてしまって、そのいきおいで、あんでしまいました。
    下手なのですけど・・・。
    小鳥さんがくわえられるように
    ひもをつけたので ポストに入れてくださいね。   そら 」


 わわ。。。

白くま君がかぶっていた水色の帽子がとってもすてきで、
みつろーがいいな・・・って言ってたのを、
つい、ぽろっと、そらさんにお伝えしたのです。

そらさん、みつろー、きっとおおよろこびすると思います!!!


ポストに小包を置いておいたら、
さっそく小鳥が運んでくれました。。


++++++++++++++++


帽子

「みも。。。

 小鳥が今日は小包をとどけてくれたよ。

 海辺の町から届いたのは、春の色の帽子でした。
 なんてすてきなんだろう。。。。。

 たんぽぽのような、菜の花のような、春かぜのような、みつろう色のような・・・
 
 オレにぴったりだよね?似合うよね!?
 今度会うときには、かぶっていくからね。

 青いシーグラスも入ってた。
 ずっと前に旅したニースの海岸で拾ったシーグラスと一緒に並べて飾ったよ。
 そらさんの住む海辺は、どんなところなのかなぁ。

 そらさんにこの包みを届けてくださいな。

 よろしく、みも。      みつろー 」


+++++++++++++++++++

みつろーからの手紙と小さな包み。
さきほど、雨の中を山鳩が運んできました。

わたしは包みを封筒に入れ、切手をはって、
ポストに入れてきました。
無事に届きますように。。



雪
久しぶりに本格的な雪景色の朝です。

やっぱり雪の山はきれいだな・・・と、
雪かきする手を休めてなんども山を見上げます。

いちい
今朝の雪は、水分の多いどっしり重い雪。
雪をかぶった櫟の木が、重そうです。

久しぶりの雪かきで体力が落ちているのか・・・
雪が重すぎなのか・・・
すぐにへたばってしまいました。

とりあえず子どもが通るくらいの道を作り、
バス停までは軽トラのタイヤの跡を歩くように・・・と。

先ほどゴミだしついでに見たら、
タイヤ跡の上に子どもたちの足跡がちゃんとついてました。
除雪車よりも頼りになる新聞屋さんの軽トラ。。

+++++++++

2月のパンとお菓子のセット、楽しく焼いております!
ありがとうございます。

お申し込みの順番に焼いてお届けしておりますが、
遅くてもいいです・・・というメッセージを添えてくださった方には、
お言葉に甘えて後回しにさせていただいてます。(すみません。。。)

栗とくるみのパイに使っている栗の在庫がなくなりそうなので、
明日(2月13日)でお申し込みは締め切りにさせていただきます。

すでに食べてくださって、
感想をメールで届けてくださるお客様もたくさんあり、
感激しながら読ませていただいてます。
ありがとうございます!!









雪

 *  *  * 

  みも、元気ですか?
   
 今朝はとても気持ちがいい空だったよ。見たかな?
  
 空気がつめたくて、すっきりしてて、
 なん回も深く吸い込んだら、おなかが気持ちよかったよ。
 朝ごはんは、空気と葉っぱの雪でした。

 今朝のふわふわの雪は、カルダモンの香りがしたよ。
 ネパールの茶店でふんわりにおってくるような、甘い花の香り。(ほんとだよ!)

 みもはどんな雪がすき?

 大粒、小粒、きらきら、さらさら、ふわふわ・・・
 あられ、ひょう、みぞれ・・・
 粉雪、細雪、ぼた雪・・・

 高い空から、ゆっくりゆっくり降りてくる、薄っぺらな雪。
 一番すきなのはそんな雲の冷たいかけらみたいなのかな。
 ふわふわただよいながら落ちてくるから、
 大きな口をあけて受け止めるの。

 やっぱり食べるんだ・・・・っておもってる!?
 おいしいっていうより、楽しいの!
 こんどやってごらん。。

                            みつろー。。

  +  +  +  +


時計

  みつろー、おひさしぶり!
  元気でしたか?
  雪の朝ごはん!?
  食べ過ぎておなか冷やさないようにね~

  わたしが好きな雪は、パウダースノーかな。
  軽くてふわふわな、雪かきのしやすいのね!
  
  ほんとに細かい氷みたいな雪が、
  空からふわふわ舞ってくるときに、
  ちょうど太陽の光があたって、雪がきらきら輝いて・・・
  風もそよそよしてて、雪のきらきらが飛び廻って・・・

  どんなのか、想像できた?
  ダイヤモンドダストに似てるかな。
  そんなきれいなシーンにたまに出会うけど、最高にきれいです。

  雪と太陽と風が、
  みんなで演出してくれる舞台だよ。
  観客席にたまたま座れたひとはラッキー!

  ところで、みつろーは時計持ってる?
  腹時計??

  1分は1分だし、1時間は1時間なんだろうけど、
  早く進んでいく時間や遅く進む時間があるよね。

  わたしにとっていつもゆっくり進むのは、
  お昼の11時半くらいから12時くらいまで。

  なんだかね、この30分は針が重くなってるんじゃないか?ってくらい、
  いつもゆっくりなの。

  ちょうどこの時間帯は、パンを焼いて冷ましている時間で、
  間に合うかな・・・ってどきどきしながらすごす時間なんだけど、
  この30分はいつもゆっくり進んでくれるから助かってます。。
  気のせいかな?
  パン焼きのお手伝い天使が、時計の針にのっかって、
  ゆっくり進むようにしてくれてるんだ・・・って信じてるよ。
  
  みつろーは感じない?
  時間の軽さや重さ、早さや遅さを。

                           みも*

 
 

 
 


雪
6時ころから夜が明けはじめ、
まわりの景色がどんどん変わっていきます。

冬の朝の水色の空はきれいです。
今朝はピンク色の朝焼けも美しかったです。

降り積もった今朝の雪は、あられみたいでした。

山
仕事の合間に何気に見る山の景色。
稜線がくっきり。

いつもの年に比べたら、ほんとに雪が少ないです。
1ヶ月くらい早く春が来るのかも。
うれしいような・・・
ちょっと困るような・・・

草刈も畑仕事も薪割りもしなくてよい冬の間に、
やっておきたいこといっぱいあったのですが。。。
たとえば・・・
糸や毛糸や布で遊ぶとか、
枝や木やのこぎりや彫刻刀で遊ぶとか、
2年前から乾燥させてるほうきキビの穂もほうきにしなくては・・・
・・・穂、ずっと気になってるのですが、
たまたま買った「フィーカ」という雑誌に、ほうきキビを持ったSさんの写真があって。。。
ますますやらなきゃ!!・・・と思った次第です。。
これは、Sさんのテレパシーでしょうか。。笑

長い冬の間にやりたかったお楽しみ、
まだやり残してる。。。
時間の使い方、なかなか難しい~

SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。