もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ライ麦粉
昨日、峠を越えて、ひょっこり訪ねてきてくれた、トトコさん

「今年収穫できたライ麦があります」
というメールをいただき、気になりつつもなかなか遊びに行けず・・・

農作業が一段落した昨日、ウーフの女の子も一緒に
じきじきライ麦持参で遊びに来てくださいました。

きれいに製粉して、ふるいにかけて、ふすまも取り分けてくださって、
すぐにでもパンが焼ける状態です。

じつはこのライ麦は、2年前の10月に我が家からトトコさんの手に渡ったもので、
それが増えて粉になって帰ってきた・・・のです。

種を蒔いて、冬を越し、実った麦を収穫し、
脱穀して、製粉する。
わたしも育ててみましたが、機械を持たない素人では脱穀が一番苦労するところです。

一袋のライ麦粉になるまでの、
汗と涙!?はどのくらいでしょうか。。。

10月3日の手づくり市に、ライ麦パンにして持っていき、トトコさんに食べていただきます。
「ペレのあたらしいふく」の「ライ麦パンバージョン」のお話ができそうなんですけど・・・笑

ちなみに・・・
トマトもいただいたもので、
「シシリアンルージュ」という素敵な名前のイタリアントマトです。
ラタトゥーユにすると美味だそうです。
(来年はわたしも種をみつけて育てたいです。)

トトコさん、野原のミュージアムという素敵なもの作り中です♪
近いうちにお手伝いがてら見に行きたいのです。
「野原のプロジェクト」→


ライ麦
そして、こちらは青森のしゃおさんのライ麦です。

まとまった量のライ麦が必要なので、お願いしたところ、
今年収穫分を20キロも分けてくださいました。


スポンサーサイト
二色パン
焼きあがったパンを、オーブンから出すと、

パチパチ・・・ピキピキ・・・・パキパキ・・・

いい音が聞こえます。

「天使のささやき」と呼ばれるパンの音です。

パキパキ音をたてながら、こんな風にひび割れるのですが、
この割れ具合も生き物みたいでかわいいな・・・と思います。

+++

今週末(10月3日・土曜日)は、
高山の「こだわりの店ユーキ」手づくり市に参加します。

友人と隣同士で出店しますので、お近くの方、遊びに来てくださいね。
アップルパイも半年ぶりに作る予定です。


+++

秋のパンセット、イベントなどで発送分を焼けない日が多く、
お待たせしていてすみません。
来週中にはお届け完了できそうです。
もう少しだけ待っていてくださいね。






どんぐり
日曜日、裏山へお散歩。

栗の木の下には、小さな栗が少しだけ。
まだ時期がほんの少し早いのか、それともリスに先を越されたか・・・・

落ちたばかりの緑色で、しかも帽子がついているどんぐりを見つけると、
うれしいです。

宝物に出会ったように、夢中で拾ってしまいます。

緑のどんぐりは、次の日には茶色くなっています。
だから緑のどんぐりは、地上に着地したばかりのほやほやのどんぐり・・ってことです。


この日は、午前中用事があって出かけて、
はらぺこ状態で車を運転して帰ってきました。

「家に帰ったら、うどん茹でて食べよう」と話したら、

「てんぷらも付けて」と息子。

帰ってすぐにお湯を沸かし、麺つゆを作り、
畑から抜いてきた葱を刻み・・・

その間に子どもらはてんぷらの素材摘み。

ザルを手に、庭を歩きまわりきょろきょろ・・・
真剣です。

葉っぱだけではかわいそうなので、
サツマイモとレンコンのてんぷらを揚げ、
揚げ終わった頃、ようやく帰ってきた。。笑
どんだけすばらしいのを採ってきた?

普通にたんぽぽ、ヨモギ、スギナ、おおばこ、蕗の葉・・・でしたが、
やわらかくておいしそうな部分を吟味したそうです。

洗って布巾で水分を落としてもらい、
わたしが揚げます。
おいしくぱりっと作ってよ・・と、息子のチェックが。。

「庭に食べるものがいっぱいあっていいよね・・・」

「貧乏になってお金に困ったら、てんぷら屋しようね」

などと、将来のビジネス計画の話などしつつ、
てんぷら付き冷やしうどんを夢中で食べた3人でした。

サトイモ
午後・・・
娘はお隣さんの畑で里芋掘り。

沢水できれいに洗ってきてくれたので、ありがたい。。

晩御飯は里芋の味噌汁に、里芋の煮物。

新鮮な野菜は包丁を入れる感触からして違います。
料理してるときも楽しくて、食べておいしくて・・・

野や畑の恵みのおすそ分け。
ありがたい、感謝の休日でした。








洋ナシ

土曜日(9月26日)、ギャラリーらふとにて、「トキニワパン屋」の日です。
今晩から仕込み作業をし、明日焼きますので、
土曜日のお庭で、またパンをお選びくださるとうれしいです♪

ギャラリーでは、27日の日曜日まで「秋迎えの喜び」という展示が開催中です。

  9/19(土)~27(日)
   秋迎えの喜び
   城森慶(毛織物)・中本純也(南蛮焼〆)・中本理詠(粉引)

小屋の音のブログのほうに、写真がありますが、
ギャラリーの中も、お庭も秋の雰囲気です。

中本純也さん、理詠さんの今回の器のテーマは、
フランスで暮らしていたときの食卓のイメージ・・・だそう。

我が家にも純也さんの焼〆の器がありますが、
素朴で簡素、そして品があり。。。
小さな一枚なのに、食卓がきりりと引き締まる感じです。

新しい秋を迎えるために、ひとつの器や織物を選ぶ・・・
とても贅沢な楽しみですね!

週末のお天気はよさそうなので、
綿の実のはじけるお庭のお散歩も楽しそうです。。


イヌタデ
「赤まんま」と呼ばれるイヌタデのピンクの穂。
集団で咲いてる姿は、とってもきれいで秋らしいのですが・・・
じつは、畑のニラゾーンを占領していらっしゃるので、
早く抜かねば・・・・なのです。

落花生
イヌタデとニラの手前では、
落花生が育っています。

朝晩寒くなり、ナスやオクラの勢いがなくなってきた畑で、
今一番元気なのは、落花生の葉っぱです。

今ちょうど、花が落下して、地面に管がぐ~っと伸びています。
管のもぐっている土の中では、
元気に落花生が育っているのでしょうか!?


+++++

画家と庭師とカンパーニュ [DVD]画家と庭師とカンパーニュ [DVD]
(2009/06/03)
ダニエル・オートゥイユファニー・コットンソン

商品詳細を見る

画家(キャンバス)と庭師(ジャルダン)の、
二人の中年過ぎのおじさんのお話。

二人の会話。
画家の庭に面したアトリエのステンドグラス風の窓の色。
キッチンに並ぶアンティークな食器やポット。
庭師の作るコンパクトな菜園。
最後に開く個展の野菜や長靴の絵。

派手さはないけれど、とても心に焼きつく画像や言葉たちが多数。
好きだな・・・と思えるものがたくさんあった、
やさしさがにじみ出ているような映画でした。

こういう映画をつくるフランスって・・・
やはり大人の国だと思います。




クルトン
今回のパンセットにも入れているのですが、
硬くなったパンでもおいしくなるので、クルトンはおすすめです。
スープにも味噌汁にも!?
サラダのアクセントにも使えます。
食べ残しのパンがあったら、ぜひ作ってみてください。

パンはできるだけ小さく切ったほうが早くカリッとなります。
硬いパンのほうが切りやすいですね。

天板に切ったパンを並べて、
油を少しかけ、ハーブソルトを振って、150度くらいの低温で15分くらい焼きます。
途中で油とハーブソルトが絡むようにかき混ぜます。

油は何でもいいのですが、
パンセットのクルトンに使っているのは「インカインチヴァージンオイル」です。
アマゾンが原産の星の形をしたグリーンナッツと呼ばれるナッツから絞ったヴァージンオイルは、
オメガ3とビタミンEが豊富に含まれています。

油って、ほんとにいろいろありますが、
オメガ3を含む油はとっても少ないです。
フラックスオイル、えごま油・・・などもオメガ3オイルですが、加熱に弱いのが難点。
そしてサラダにかけて食べたりすると、少しクセがあるんです。
そのクセがおいしいという人はいいのですが。。。

このグリーンナッツのオイルは加熱しても大丈夫なうえ、
嫌な香りがなくて、生野菜にかけて食べると、とっても美味です。

・・・と、油の宣伝のように書いてしまいました。
最近気に入ってるのと、クルトンに使用してるのもあり、つい。。
オメガ3に興味があれば、いちどお試しを。

もちろんクルトンには、菜種でもオリーブでも・・・
お家にあるいろんな油でやってみてください。
油は天板一枚につき、大さじ1もあれば充分です。





波

この季節の空はきれいです。

雲の模様が楽しくて、
一日に何回も空を見ています。

模様が刻々と変っていくので、
5分後にみる空は、また違う感じになっています。

トリ

トリのような雲が右上に・・・

波2

あみあみ、なみなみ・・・


学校から帰ってきた娘の第一声は、

「おかあさん、空がめっちゃきれい!!」

バスの中で彼女も見てたらしいです。。



日が暮れてからの、
夜の星空もきれいでした。







本

「これ、お母さんにも借りてきたよ!」

と、部活帰りの娘が渡してくれた本。

帰りのバス待ちの数分のあいだに、
バス停前にある図書館に寄って借りたらしい。

母の趣味を知り尽くしたセレクトですかね??

ありがと~!!と、さっそくルクルーゼの本を見ました。

お料理もおいしそうだけど、いろんな色のお鍋が素敵だよね?!
いいな・・・ほしいな・・

わたしが持ってるのは黄色いルクルーゼひとつだけ。
2回ほど焦がしたのと、毎日必ず使うのとで、年季入りすぎ・・・

熱心に本を見る母の姿に満足した娘は、

「おかあさんのお鍋、もう汚いで、誕生日に買ってあげる!」

うれしいことを言ってくれるでないか!?

「ありがとう!!でもこのお鍋、ものすごく高いよ~!」

確かわたしの持ってる18センチサイズでも2万くらいじゃなかったか??

「何色がいい?」

「高いって・・・ほんとに。でもこの色いいよね、エメラルド色だって。グリーンもいいね・・・」

「わかった。3つくらい買ってあげるね!」って間単に言う娘・・・

冗談だよね?きっと。
気持ちだけでうれしいし。。。


ちなみに・・・
娘が自分のために借りてきた本は、
「はじめての文学 小川洋子」「宙の名前」・・・
など4冊でした。

「はじめての文学」シリーズにはまってるのか?
先週は、よしもとばななの刊を借りてました。

中学になって、ますます本好きに磨きがかかり・・・
勉強そっちのけで読みまくってるけど、
今日の実力テスト大丈夫だろうか。。。
しんぱいだぁ。


栗の木
日中は、まだまだ暑いですが、
朝晩は寒いくらいのさわやかさですね。

今朝、8時のキャンプ場。
我が家より、若干標高が高いので、上着を着ても寒いくらい。

高い栗の木には、小さなみどりのいがぐりがいっぱいついてました。
木が高すぎて見えないですね!?


秋のパンセットのお知らせです。。。

8種のパンとお菓子のセットです。

++秋のパンセット+++
  *カンパーニュ   しんぷるな生地のパンです。
              パヌトンと呼ばれる籐のかごの模様がかわいいです。

  *二色パン    ココアと白の二色の生地のパン。今回はぐるぐる模様です。

  *山食パン    カンパーニュと同じ生地のパンですが、型に入れると食感が変わります。
             トーストやサンドイッチに。

  *いちごマフィン  6月に収穫した庭のいちごを、シロップにしてパンにしました。
              もっちり甘いイングリッシュマフィンです。

  *ティータイムブレッド  レーズンや夏みかんピール、干しいちじく、ナッツなどが入ってます。
                 
  *ココアチョコクロワッサン  ココア生地のクロワッサンに、バトンショコラを挟みました。

  *えごまバウンド   えごまが入ったミニバウンドケーキ。

  *ハーブクルトン   庭のハーブと岩塩で作ったクルトンです。
               スープのアクセントに。

    山食パン、二色パンは一山ずつですが、たくさんほしい場合は2山でも。(300円アップ)
    クロワッサンは2個、いちごマフィンは3個、ほかのパンは1つずつです。
    

     1セット3000円です。(内税、送料別途です)

    お申し込み、締め切りました。
    ありがとうございました。

   
    *お申し込みはメールフォームからお願いします。→
    *送料がかかります。料金はこちらを参考にしてください。→

    *お申し込み順に送りますが、発送日の指定はお受けできない場合が多いです。
     受け取れない日にちがあったら、フォームのコメント欄に書いてください。
     時間指定はできます。

    *追加のパンがあれば、一緒に箱に入れることができます。
     メニューにあるパンは追加可能です。→(メニューが開きます)



ぐるぐる
ぐるぐるの二色パン。
ブルーベリージャムが一緒に写ってますが、はちみつのほうが合うかな。。?

えごまバウンド
えごまのミニバウンド。
ミニサイズ(生地量170グラム)ですが、かなりのボリュームです。
えごまのプチプチとした歯ざわりと、さわやかな後味を味わってくださいね。

    



SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。