もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ヘイフラワーとキルトシュー ヘイフラワーとキルトシュー
カトリーナ・タヴィ (2006/07/07)
アット・エンタテインメント

この商品の詳細を見る

フィンランドの映画「ヘイフラワーとキルトシュー」
ストーリー的にはたいしたことの無い映画なのですが、画像があまりにキュートで・・・
大好きな世界です。

何がかわいいって、登場する姉妹はもちろん天使みたいにかわいいのですが・・
森の中に建つヘイフラワーとキルトシューの暮らすお家が、はではでなんだけど、かわいい!

キッチンはパステルイエロー、サンルームはブルー、子ども部屋は天使の柄・・・
部屋ごとに壁の色が違います。
子どもベやには色とりどりのおもちゃや雑貨。
子どもたちのベッドリネンも毎回柄が変わるのですが、スミレ模様だったりすずらんだったり・・・
ママの服もすごいです。鮮やかなブルーのシャツに黄色いエプロン。
バスルームに干してある子どもたちのパンツやタイツもピンクや赤ばかり・・・
家具もさまざまな色でペイントされてます。
無印路線、シンプル路線からは、はるかにかけ離れた色の氾濫。
フィンランドの自然豊かな緑の中。
この派手さがかわいらしく、キュートにみえるのは、そんな周りの自然や透明な光がベースにあるからかも。

この映画、「パン」が登場するんです。
家事能力の無いママが、頑張って焼く丸焦げのパン。
そして、しゃべれなくなってしまったヘイフラワーにお隣さんが試みる「パン生地セラピー」
これがすごく大胆なセラピー。
庭の芝生の上に、樽いっぱい用意された、赤、黄色、緑、ピンク、青の5色のパン生地。
服のまま、パン生地の樽にど~んと座ってもOK。
パン生地をほっぺや頭に塗りつけたり、好きな形を作ったり。
思いっきり自由に好き放題にやって、心を解放するセラピーのようです。
ここまで大胆なことは無理でしょうが・・・
パン生地を捏ねるだけで気分が良くなる事は、パンを作ったことのある人にはわかる感覚かも知れません。
ぷっくり発酵した生地をみると、こどもたちは触りたくなるようで、
ダメ!といわれるのはわかってるのに、「触っていい・・・?」と、聞いてくるのですね~

この映画のパン生地セラピーのシーンは、真夏に撮影されたらしく、発酵したパン生地のかおりがすさまじく(飛んでいるハエまで死んでしまったらしい!?)大変だったとか。
でもこのセラピーは大成功で、ヘイフラワーは元気になって、使った5色のパン生地はカラフルなパンになってました。
おぉ・・・最後は焼いて食べるんだ。。
少しびっくりしました。。かなり着色料たっぷりの色だったので。笑

とにかく心から幸せになってしまう素敵な画像です。
映画の公式H・Pもかわいいです。→

ひえーパンセラピーとはすごい発想ですね。小麦粉粘土と思えばそうでもないのかな・・ でも食べちゃうんですもんね。少量でやってみようかな・・
9.3kg [] EDIT 
そうなんです~
フィンランドでは普通に存在するセラピーなのかな?
あのような大胆なやり方はしないと思いますが、少しの量なら出来そうですね。
そうです・・・
小麦粉粘土ってありましたよね。
お子さん、きっと喜んで遊ぶ(食べる?)でしょうね!!
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。