もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

お菓子屋さんの友人に誘われて、「いのちの食べかた」を観てきました。

ナレーションも音楽も無く
ただひたすら食料の生産現場の数々が映し出されます。

野菜でさえも、なんだか工場製品のように巨大なハウスの中で作られて、
殺虫剤を散布するのも収穫も、ものすごく機械的。

アーモンドの実の収穫。
大きなマジックハンドで木をガガガ・・・と思いっきり揺らして実を落とす!
なんて大胆。。
落ちた実を拾うのは人間だろうな。。と思ったら、
ショベルカーみたいな車で土ごとぐわ~~とすくってました・・・
アーモンドの農園は大きな山5つ分?ってくらいの広さだったので、それも当然なんだろうな。。
アーモンドはパンに使っているので、このシーンは印象的でした。

牛やブタや鶏がお肉になる工場。
誰かが殺さないと牛は牛肉にはならないのだけど・・・
やはり現場を見るのはものすごくショッキング。。

頭部に電気ショックを与え、意識をなくす。
その直前のかわいい牛の目、そして、いやだ・・・と逃げようと暴れる。
観たくなかった・・・・

パックになった肉、ベーコンもソーセージも
ほんとはブタや牛だったのだけれど、
お店で売っているものや調理されたものからは、もとの姿、「いのち」は想像できない。

だから感謝して食べるとか、そういう気持ちも生まれてこないのだろうな。。

我が家はもともとお肉はほとんど食べないのだけれど、
完全に断ちたくなった。。

そして自分の食べるものはできるだけ自分の畑で作りたい。
まじめに作っている人から買いたい、切に思いました。

春になったらまじめに畑しよう・・・
結局そこに行き着いた、今日の映画でした。

でも・・・
知らなくてはいけないのに、見ないでいること。
たくさんあるのだよね。
「知らされない」こともたくさんあるし。

先日観た「あなたになら言える秘密のこと」
これも知るべき、見るべき映画でした。

主人公ハンナの秘密は、
想像しがたい、ものすごい体験なのですが、
そういうことがわずか数年前に実際にあったという事実。
知るべきことなのだな。

ものの背景、人の背景は
すごく深くて、実際に目を見ただけでは知れないこともたくさんあるのです。

あなたになら言える秘密のことあなたになら言える秘密のこと
(2007/08/24)
サラ・ポーリー、ティム・ロビンズ 他

商品詳細を見る
こんばんは。わたしもこの映画をつい最近観ました。その国はここ数年観光やリゾートとして人気が高まってきていると旅行業の友人から聞きました。そんなにたくさんの時間を経ないうちにどんどん過去として忘れ去られていく流れから少し離れて考える時間って大事だなと思いました。心に残る映画でしたね。

今日はこちらも晴れ!ひさびさに暖かい日(といっても5℃)でうれしかったです。
Asa [] EDIT 
この映画観たときに、Asaさんにお勧めしたい・・・って思ったのです!
Asaさんならこの映画わかってくださるな・・という気持ちから。。
よかったです~~

ほんとはこんな風に数行で語りたくない、中身の濃い映画でしたよね。
あのやけどの男の愛。
なんだか圧倒されました。
ハンナを探し出して、言ったセリフにも感激しました。。

ただ言葉で語られる戦争だけど、
ものすごく伝わってきました。
忘れ去られていく、しかも傷を受けた人たちは語りたくないと思っている・・・
こういう映画の形で、残していくこと。
映画の力を感じました。
観るべき映画って気がしました。。

あ、わたしもアバウトアボーイ、観返しました!笑
いいですね。。。
あのヒューもかなり最高。。
noix [] EDIT 
わたしも肉の味が苦手で殆ど食べないんです(羊肉と鶏のレバーとささみは好物ですが)
主義で食べないわけではないので肉を食べる方に反感は全く持たないし
食べちゃいけないものとも思っていないんですが
「人間の手にゆだねられた命だった」ってことを知った上で有り難くいただきたいですね。

でも現場を見ると食べたくなくなりそう。。。、「いのちの食べかた」観てみたいなぁ。行けるかなぁ。

みなづき. [] EDIT 
わたしも時々食べるし、肉食のこととやかくはいいたくないのです。
でも今の世の中、食べ過ぎてるな・・・って思う。
映画に出てきた食料生産のシーンの数々、どのシーンをみても何か「不自然さ」を感じました。
それはたくさん生産しなくてはならないから、すべてにおいて機械化され、ひよこも鶏も豚もまぐろもベルトコンベアーで流れていくのです。
たくさん食べる(その一部は確実に捨てられていくし)ために、たくさん生産するから、不自然、違和感を感じるような生産現場になってる気がします。

牛もね普通に見てきた牛と違うの!
筋肉質で、えっこれが牛?っておもうような体なのです。
きっといっぱい人間の手が入って人間のための肉にされてるんじゃ・・・って思いました。

機会があればぜひ見てくださいね。

noix [] EDIT 
こんばんは。お久しぶりです。
こんな映画があったことをはじめて知りました。大分県では来月公開とのことでしたので、是非見に行きたいと思います。
まだ見に行ったわけでもないのですが、深く考えさせられています。
毎日の食のあり方をもっともっと考えなおさなければと思いました。
アンズ [] EDIT 
お久しぶりです!
忘れないでいてくださって、うれしいです。。

大分はこれからだったのですね~
食べ物のこと、身近なものなのに、どうやって作ってるの、知らないのですよね。

HP見るだけでもいろいろ感じますよね!
また感想おしえてくださいね~
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。