もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ライ麦粉
昨日、峠を越えて、ひょっこり訪ねてきてくれた、トトコさん

「今年収穫できたライ麦があります」
というメールをいただき、気になりつつもなかなか遊びに行けず・・・

農作業が一段落した昨日、ウーフの女の子も一緒に
じきじきライ麦持参で遊びに来てくださいました。

きれいに製粉して、ふるいにかけて、ふすまも取り分けてくださって、
すぐにでもパンが焼ける状態です。

じつはこのライ麦は、2年前の10月に我が家からトトコさんの手に渡ったもので、
それが増えて粉になって帰ってきた・・・のです。

種を蒔いて、冬を越し、実った麦を収穫し、
脱穀して、製粉する。
わたしも育ててみましたが、機械を持たない素人では脱穀が一番苦労するところです。

一袋のライ麦粉になるまでの、
汗と涙!?はどのくらいでしょうか。。。

10月3日の手づくり市に、ライ麦パンにして持っていき、トトコさんに食べていただきます。
「ペレのあたらしいふく」の「ライ麦パンバージョン」のお話ができそうなんですけど・・・笑

ちなみに・・・
トマトもいただいたもので、
「シシリアンルージュ」という素敵な名前のイタリアントマトです。
ラタトゥーユにすると美味だそうです。
(来年はわたしも種をみつけて育てたいです。)

トトコさん、野原のミュージアムという素敵なもの作り中です♪
近いうちにお手伝いがてら見に行きたいのです。
「野原のプロジェクト」→


ライ麦
そして、こちらは青森のしゃおさんのライ麦です。

まとまった量のライ麦が必要なので、お願いしたところ、
今年収穫分を20キロも分けてくださいました。



以前も数回ライ麦を送っていただいたのですが、
いつもパンと交換してくださっていました。

でも今回は量が多いし、お金でお支払いするつもりでしたが・・・

しゃおさんからのメッセージは、こんなでした。


「・・・・代金はいつもどおり、いつでも構いませんので
 気が向いたときにでもおいしいnoix*さんのパンがいいです!

 パンを作られるのもまったく同じだと思いますが、
 手間をかけて愛情が入ったものが、いざお金に換算されてしまいますと、
 その現実に悲しくなってしまいますよね。
 ご存知だと思いますが、麦なんてホントにどうして?と思うくらい安いものですから。
 なので逆に売るくらいなら自家用だけで十分です。
 なんか、途中にお金を介在させない関係って、とっても好きです。 ・・・・・」


なんだか、ありがたすぎ・・・
感涙。。うぅ。。

というか、こんなに素敵なこころのしゃおさんに出会えたこと。
本当にうれしいことです!!

貴重な宝のような麦が、
一番美味しい状態になるように、
わたしも精一杯こころをこめよう・・・と思ってます。

ライ麦だけでなく、すべての材料がそうですね。
誰かが一生懸命作ったものなんだと思います。


そうそう・・・

昨日はトトコさんと田舎での農的暮らしの話題で大いに盛り上がったのですが、

ひまわりの種も、パンに練りこんだりよく使う素材なので、
トトコさんひまわりいっぱい育てて種を収穫したそうです。
でも、食べるためには種の殻をむかないとだめなんだよね!?
・・・・で、
いまだに箱いっぱいのひまわりの種が残ってるそうです。。
店で売ってるひまわりの種はずいぶんお安いのですが、いったい誰が剥いてるのでしょうね。
よく訓練されたハムスター??




お久しぶりです☆
とてもすてきな関係です♪愛情をこめて作られたもの同士が交換されあって。。。
とそのまわりに流れる空気がキラキラに思えます
こういったふうに人と人の関係を広く繋げていけたらとても優しい大きな輪が出来るのだなぁ。と思いました。

「よく訓練されたハムスター」
ハムスター君は大好物で今すぐにでも食べたいひまわりの種を
殻だけむいておいてくれるのですね w!
なんだかとってもお茶目なnoixさんの発想にその様子を
想像してしまった私でした☆ ニマニマ
小夏 [] EDIT 
お金を介しない交換は、ヒトのこころまで交感してる気がして、いいな。。と思います。
ほんと、ほんと。。
こういうつながりをいっぱい作れると素敵ですね!

それにしてもひまわりの種は誰が皮を剥いてるのでしょう。。
気になって気になって・・・
調べてみましたが、どこにもそんなこと書いてないのですよ。
「チャーリーとチョコレート工場」の中では、工場の中で訓練されたリスがくるみ割りをしてたし、ハムスター説もありかな・・・と。。
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。