もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
びん

ピーナッツバターをたっぷりぬった、パンが食べたいな。。

みつろーがそんなことをつぶやいたのは、

たしか・・・

まだ庭が雪だらけの2月のことでしたね。。

ちょっと待ってね。おいしいの作るから。

そう答えたわたしに、

うん、待ってるよ・・・と、言ってくれたみつろー。。。


たいへんお待たせしました!!!




p-ナッツ

ちょっと、時間がかかってしまったの。

ごめんなさいね!!

ピーナッツを作るまでに、手間取っちゃって。。

あ、手間はそんなにかかってないけど、
土の中でピーナッツが育ってくれるまでが、5ヶ月くらいかかっちゃって。(汗)

だいたいそんなくらいかかるってことは、予想されてたんだけど、
みつろーなら待っててくれるだろう・・・っておもったし。。(へへ)

落花生を掘って、干して、殻をむいて、
ストーブの上で炒って・・・・

菜種油とメープルシロップと、くるみも少し入れて、
昨日、ついにピーナッツバターになりました♪

パン

どうですか?お味は。

大地のあじがする・・?

だよね!!
わたしもそう思った!

土の中でじっくり育ったものだから、
ふか~い大地の味がするのかね?




自家製ピーナッツバター、深くて味わい深いんでしょうね。
おいしそうです。みつろーくん、うらやましい・・・

先日、「ピーナッツ なんきんまめ らっかせい」という科学絵本をおはなし会で読んだら、これがみんな一緒のマメだということを、子どもたちは知らなかったんですよ。

わたしもらっかせいが育つ様子は、この絵本で初めて知りました。
ビヨーーンと、土の中にのびていくなんて、想像したこともなかったです。
大地の味、納得です!!
琴子 [] EDIT 
「ピーナッツ なんきんまめ らっかせい」面白そうな本ですね!
ピーナッツという名前はなじみがありますが、らっかせいやなんきんまめ、というのはあまり使わないのでしょうね。
土の中にもぐっていく・・・というのも、不思議なまめですよね!
わたしも「落花生」の名前の由来を知ったとき、すごいな・・・って思いました。
絵本でいろんなことを知れること、素敵なことですね。
わたしも子どもたちといろんな絵本を読んで、いっぱい世界が広がりました。
最近は絵本の世界にご無沙汰なので、琴子さんのブログで教えてもらってます。
「もりのどうぶつ」写真展・・・
行きたいです!!(無理ですが。。。)
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。