もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
自家製酵母の本

最近になって改訂版が出たこの本。
わたしが持ってるのは1996年の初版のものなので、ずいぶんとロングセラーなのですね。
当時は自家製酵母について知りたい・・・と思っても、参考になるものはほとんど無かったような気がします。
今のようにネットでいろんな情報が集まるわけでもなく、自家製酵母でパンを焼くという世界は、
まだまだ陽のあたらない部屋の隅っこのような部分でありました。
そんなときに出たこの本は、自家製酵母の世界を明るく照らすランプのような存在でした。。。
う~ん・・・少なくともわたしの中では・・・

でも、さすが自然食通信社。
登場されてる方々、ヒッピー系!
でもって、作り方アバウトすぎ!!
かわいいイラストで酵母の作り方などが説明されているのですが、
・・・・くらい、・・・適当、・・・いい加減
そんな記述が多いです。
とってもアナログ。。。

ベイカーズパーセントとか細かいことは一切のってません。
だからきちんとパンを作りたい人には、なんじゃこりゃ・・・の本かもしれません。

でも自家製酵母パンというのは、どんなに細かくマニュアル化されたレシピを真似して作っても、
絶対同じものはできません。
結局はその人が何度も失敗しながら、自分の酵母を育てて、酵母の調子を見つつ、自分のオーブンのクセを学びつつ焼くもの。
子育てのようなもの?
参考書はあっても、結局は自分次第。

何度も焼くうちにその人なりの美味しいパンがつくれるのでしょう。
美味しさ・・・というのも、きっといろいろ。
ドイツ風の酸味のあるパンが好きな人は、そんなパンを目指していくし
子育て中のお母さんなら、子どもでも食べやすいようなパンに行き着くだろうし・・・

この本の中に登場する人たちは、それぞれの場所で自分なりの暮らしを持っているのも
すごく魅力的です。
その暮らしの中で明日食べるためのパンを焼くことは、特別な仕事ではなく、生活の一部であり
リズムになってる。

この本が再販されたことは時代を表してるな・・・と思います。
イーストのスピードではなく、酵母のゆっくりとした速度。
買ったものではなく、はじめから手作りする。

マニアックな世界であった自家製酵母パンが、これだけ広がってきた事、
うれしいな・・・と眺めています。




私もこの本が天然酵母パンの最初だ。
見てみたら、私のは98年6月。一年半で10刷目だから、結構売れ続けているってことね。
飛騨に移ってきた直後にこの本に出会い、パンのこともだけど、田舎でそれぞれのスタイルで作る暮しが描かれているのも魅力的だったな。
私にとっても、飛騨移住、記念すべき一冊目となってるよ。
amu [] EDIT 
初版で1刷目だったよ。
これ、もしかしてプレミア付くかな?笑
そっかぁ。。
もう飛騨にいたのだね。
わたしは中津川か岐阜か・・・
とにかく子どもがまだ赤ちゃんでしたわ。。。
ここに登場する人たちも、10年経って今はどんな暮らししてるのだろうね。
いろんな意味で楽しめる1冊だよね。
noix [] EDIT 
自家製酵母サイトからこちらにたどりついました。
私も初版で1刷目持ってます!
今は名古屋在住ですが、当時は四国の愛媛に住んでいました。
10年経って当時と全く違う生活してます。^^
自然食通信は私のバイブルかも?
実は自然食通信社が開いたイベントで自家製酵母のパンの作り方にいったことあります。わざわざ東京まで。
今のようにネットも普及していない時代。情報を求め行きましたよ~
Asako [] EDIT 
初版で1刷目!一緒ですね。。。
自然食通信、わたしも少しだけ持ってます。
ちょうど持ってた号(73)に、パン作りのイベント報告が載ってました。これですよね~
四国から参加なんてパワフルですね♪
今は名古屋なら、お近くですよね!?
10年前と違う生活・・・ってどんな感じなのでしょう・・・・
またいろいろ交流できるといいですね。
どうぞよろしくお願いします。
noix [] EDIT 
私もこの本大好き!(って図書館にあるから持っていない…)
屋久島で野いちご酵母のパンを焼く家族の話がいいですよね。
確かにアバウトなところはありますが、昨今出版されている写真がきれいでなあ~んにも載っていない天然酵母の本より、役に立つと思います。(←じゃあ買えば)
昔は、ホシノ酵母のパンの本しかなくて、もうちょっと違うものが見たいなあと思っていたころに、書棚で出会った本です。やっぱ買おうか・・・
mizo [] EDIT 
わたしは佐渡島で焼いてる方の話に、妙に惹かれてました。
どこの人も、考えてみたら田舎暮らしだったような。
美味しいパン屋さんが近くにないし、自分で作る暮らしが自然なのでしょうね。
・・・昨今出版され、写真がきれいでなあ~んにも載ってない・・・笑
これは、どの本のことでしょう。。。
表紙にパンを食べるかわいいお子様の写真・・・のあの本のことかしら??
確かに雰囲気のみ!!って感じの本多いですよね。
でもあの雰囲気についやられてしまうのよね・・・苦笑
noix [] EDIT 
ふふふ、mixiからこちらにもお邪魔します。
私もこの本愛読していました!
以前は酵母も作ってたんだけど、いまはパネトーネ使ってます。
うーん、久しぶりにしっかり読みたくなりました。
さこちゃん [] EDIT 
ようこそです♪
愛読者さんでしたか!?
パネトーネはイーストと同じくらいお手軽ですよね。
自家製酵母も作れらたことあるのですね。
本を読み直すと、また挑戦したくなるかも。。。。ですね。。。
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。