もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
霜

午前中は雨が降ったり、急に太陽が顔を出したり・・・
そして風が強く、葉っぱがどんどん落ちていっていました。

午後、本格的に雨雲が広がり、
峠のほうを見ると白く雪のような気配。
こちらも雨がみぞれになりました。

夕方、ぐっと気温が下がったと思ったら、
雪が降り出しました。
みるみる庭が真っ白に・・・・
いよいよ冬の足音が!?というより足跡がつきました。。


この秋から気に入って毎日飲んでいるお茶は、
番茶(もしくはほうじ茶)+どくだみ茶+ホーリーバジルのブレンド茶です。
紙のお茶パックに、番茶とどくだみを4:1くらいの割合でいれ、
ホーリーバジルはほんの少しだけ。
少しだけでもはっきり味と香りがつくので少な目がベストです。
これを朝、やかんにいっぱい作り、熱々をポットに入れて飲みます。
一日分をいっきに作りいつでも熱いお茶が飲めて便利です。

ホーリーバジルの香りがすっきりしているので、
どくだみのくせも消してくれるようです。
ご飯にも甘いものにもあうおいしいお茶なので、
飽きずに毎日作って飲んでます。



先月のことですが、
富山の水墨画美術館に行ってきました。
水墨画をやっている母が一度行きたい・・・と、高山まで出かけてきてくれたので、
車でドライブもかねて富山まで。。

美術館では、ちょうど北斎漫画の企画展をやっていて、
それが意外にもとてもよくて感心して観ました。

葛飾北斎の漫画というのは、
いわゆる漫画ではなく、スケッチ画のようなものなのですが、
それがすべて木版画だとは驚き!
絵で描いたとしても細かくてすばらしいデッサン!と思ってしまうようなのが、
木に彫られているなんて。。。
信じられないような細かさなんです。
実際の版木も多数展示してありましたが、
銅版画ならありえるかな?というような細い線がきちんと彫り残してあるのです!!!
まあ、とにかく機会があったら見ていただきたいです。笑
 
江戸時代に出版されてからいまだに売られているという、
超!ベストセラーでもあります。
もう品切れでしたが、こんな感じに売られていました。

版木の劣化があったり、特別な和紙に刷られるのですがこの和紙の後継者がいないため、
もうこれ以上出版は無理なようです。

葛飾北斎・・・
すごい人だったんだ・・・と驚きました。
北斎漫画、10年以上まえ映画にもなったようで、
これも観てみたいものです。

そう、この日はとてもラッキーなことがいっぱいありました。
美術館に入ろうか・・・と思って歩いていたら、
見知らぬ人が、
「突然に申し訳ないのですが・・・」
と、恐縮しながら余っている入場券を使ってください・・・とくださったり。

たまたま入ったお店でしたが、
とてもおいしい富山の朝獲れのお魚ランチのお店だった・・・とか、

コーヒー豆が買いたいな・・・と思ったら、
すぐ近くに素敵なコーヒー豆のお店を発見!とか。。

探し回らなくても望むものがひょいひょいあらわれる感じでした。

滞在期間は短かかったにもかかわらず、
密度の濃い、ラッキーで良い時間をすごせたのは、
常日頃から徳を積んでいる母が一緒だったから・・・でしょうか。。


(*北斎漫画展  11月13日から郡山市立美術館で展示されるようです。)






    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。