もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
IMGP5349 (400x266)

ススキの穂、オミナエシ、道端の秋の花、雲・・・
周りの景色が秋になってきました。


冬の早いこの辺りでは、大根などはお盆に種蒔きです。
今ようやく10センチくらいの大根菜に育ってきました。

白菜やキャベツ・・・
来年用ににんにくを植え・・・
畑も秋バージョンに移行中です。


IMG_2450 (334x400)

今さっき庭を一回りして採ってきたもの。
季節外れのいちごまで生ってました。
収穫物は、まだまだ夏っぽいですね。



7月の終わりに気がついたときは、10センチくらいだったスズメバチの巣が、
あっという間にビーチボールくらいの大きさに!
(望遠レンズで撮ってみました。。)

IMGP5347 (300x300)


屋根の軒下の雨のかからない部分なので、スズメバチにとってはとてもいい場所のようです。

撤去するかどうか迷いましたが、このまま共存することに。。。

庭の草刈りをしていたら、威嚇するように飛んで来たので、
以来庭は草ぼうぼうでいいや・・・ということにしました。
晩秋になったら出て行ってくれるからそれまではそっと見守ろう・・と。

屋根裏の小窓から丸見えの位置なので、ときどき怖いもの見たさで観察します。
この不思議な美しい巣をどうやって作るのか・・?

ひっきりなしに山の方に飛んで行く彼ら。
朽木のある場所に行き、木の皮などを口元で唾液と混ぜて丸め数ミリのボール状にして巣にもどります。
そしてボールに丸めたものをアゴをコテのように使って巣に張り付けて伸ばしていきます。

微妙に違う木の色があんな段々な模様になるそうです。
ものすごい作業をやっているのだな・・・と驚きます。

夏の暑い時期も休まずに(たまに桃の木で熟した桃を食べてサボってるのもいましたが・・・笑)
こつこつ作業しているスズメバチをみると、
わたしももう少し頑張るか。。。と思ったり。。笑


イノシシ、マムシ、スズメバチ、クマ・・・

我が家の周りにはいろいろ野生の動物がいますが、
お互いのテリトリーを荒らさないようにすれば穏やかに暮らせるのかな・・・と思います。
山に住まわせてもらってるのだからわたしの方が謙虚に遠慮がちに住むべきなのでしょうね。

でもほんとに、
周りの自然にはいつも感謝してます。
いっぱいいろんなこと学ばせてもらってますね。




この本、図書館で見つけたので勉強しました。
蜂の世界、まだまだ知らないことだらけです。

スズメバチ―都会進出と生き残り戦略スズメバチ―都会進出と生き残り戦略
(2012/07)
中村 雅雄

商品詳細を見る





昨日から家の駐車場に、スズメ蜂が一匹いて、飛んだり水を飲んだりを繰り返していて、子供たちも居るし刺されたらどうしようと怖くて、今日保健所に電話したばかりでした。でも蜂の巣を見つけない限り駆除は出来ないとの事でした。
蜂についての知識が全く無いので、こちらが攻撃しなくても、向こうは攻撃だと勘違いして襲ってきたらどうしよう(>_<)なんて思って…。
晩秋には居なくなるのかぁ~…
ブログ記事がドンピシャ過ぎて思わずコメントしました!
しばらくは良い人臭を出しつつ、静かに見守ろうかしら…

長々すみません(^_^;)
パンセット楽しみに待ってますね!
あきやまゆうこ [] EDIT 
いつもありがとうございます!

スズメバチ、刺されて死に至ることもあるので、注意してくださいね。
単独でいるスズメバチは、わたしはあまり気にしません。
桃やトマトの皮などを庭に捨てると、スズメバチが食べてますが、夢中なので邪魔しなければ平気です。

あきやまさんのとこのスズメバチ、巣はどこにあるのでしょうね?
場所がわからないと不安ですね。

巣を攻撃されるのがスズメバチにとって一番嫌なことなので、巣に3メートル以上近づいたり、大きな音を立てたりすると威嚇して襲ってくるようです。
あと、農薬や殺虫剤、ヘアースプレーのようなにおいにも敏感で、そんな香りを察知すると威嚇してくるそうです。

習性を知ると、少し安心できますよね。

わたしも怖かったのですが、スズメバチのことを知っていくと、少しかわいらしく思えてしまって・・笑
たぶんわたしのことは敵ではない・・・と、スズメバチたちも理解してくれてるよね??と、思ってますが、そのうち刺されるかもしれません。

そっと見守りつつ、充分注意しましょうね。

木酢液を嫌うようなので、来年は巣をかけそうなところに塗ってみようかとも思います。
noix [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。