もりのにわ自家製酵母のパンとnaturalsweets

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
herbbutter

イギリスからアメリカ東部に移住したシェイカーたち。
自給自足の生活の中でたくさんのハーブを育てていました。
薬として、料理のスパイスとしてたくさん育てたハーブを、ヨーロッパにも輸出していたそうです。

北村光世さんのハーブの本にあったハーブバターのレシピ。
使うハーブは、4種。
タラゴン→タイム→バジル→チャイブ
この順番に切って、バターと混ぜます。
このハーブの組み合わせがシェイカーオリジナルだそう。

今回は庭にあったハーブを組み合わせてシェイカー風のハーブバターを作ってみました。
タイム、チャイブ、パセリ、オレガノをみじんに切って軽く水気をきります。
柔らかくしておいた、よつばの有塩バターに混ぜます。

パンにも合いますが、蒸したジャガイモやかぼちゃに添えても美味しそう。
爽やかな香りがふんわり口に広がります。
ミックスされたハーブの味が、いろんな素材を豊かにしそうです。


ハーブをめぐる旅 ハーブをめぐる旅
北村 光世 (1999/02)
平凡社

この商品の詳細を見る





    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。